« POGGIO LE VOLPI FRASCATI SUPERIORE | トップページ | Monchiero Carbone Tamardi 2005 »

2008年2月23日 (土)

香り立つ生ワイン ロゼ・甘口

昨夜の「道産ワインの夕べ」東京開催を祝って、という訳ではありませんが、道産ワインを開けました。北海道ワイン社が20日に発売した香り立つ生ワインです。異なる品種、ビンテージのワインをブレンドして造られたワインです。辛口赤、辛口白、甘口白、甘口ロゼの4種類あります。去年は辛口赤を飲んでがっかりしたので、今回はロゼ!ラベルが変りおたるシリーズによく使われる小樽市の花、ツツジが描かれています。
Photo









産地:北海道

ブドウ:北海道産赤ワイン用品種 ナイヤガラ 96%、ツヴァイゲルトレーベ 4%

色:ピンクが強い薄い朱色
Photo_2










香り:デラウエアのような生食ブドウ

味:生食ブドウのような甘酸っぱさが口の中いっぱいに広がります。苦味もややあり、北海道ワインのロゼにしては珍しく、タンニンをほんのり感じます。余韻もかすかに根菜のような苦味が短いながらも続きます。甘口ですから、当然甘いんですが、しっかり冷やして飲めばバランスのよいロゼです。

値段:近所のスーパーで950円

タンニンと色から判断するとツヴァイゲルトレーベのブラッシュだと思ってしまいます。ですが最初に感じる甘味と香りからキャンベルアーリを予想します。でもそれだけならタンニンは感じないはず。ブレンドワインなので、赤ワインを加えていると思うのですが、キャンベルアーリに赤ワインをブレンドしたらこんな色にはならないはず。となるとポートランドやナイヤガラの白にツヴァイゲルトレーベをブレンド?
気になるので問い合わせてみます。
予想以上の出来でした。

|

« POGGIO LE VOLPI FRASCATI SUPERIORE | トップページ | Monchiero Carbone Tamardi 2005 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

きれいな色のロゼですね。
甘口の北海道ワインは女性の人気が高いですが、これも飲みやすそうですね。
香り立つシリーズ、毎年のリリースではないように思います。昨年ぶどうがたくさん収穫できたから?

投稿: 副部長 | 2008年2月23日 (土) 08時37分

副部長様
香り立つシリーズは昨年が初リリースですので今回はまだ2回目です。果たして毎年リリースされるんでしょうかね。次回は辛口白を飲んでみたいです。

投稿: アマ | 2008年2月24日 (日) 21時32分

「香り立つ生ワイン ロゼ」の製法について
北海道ワイン社から回答をいただきました。
ナイヤガラにツヴァイゲルトレーベのブレンドとのことでした。
やっぱりそうだったか…。

投稿: アマ | 2008年2月25日 (月) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/10697357

この記事へのトラックバック一覧です: 香り立つ生ワイン ロゼ・甘口:

« POGGIO LE VOLPI FRASCATI SUPERIORE | トップページ | Monchiero Carbone Tamardi 2005 »