« PIERO MANCINI VERMENTINO DI GALLURA 2006 | トップページ | Monchiero Carbone PELISA Barbera d'Alba 2005 »

2008年2月 2日 (土)

CANTALUPO il Mimo 2006

私のお気に入りイタリアン、カプリカプリに行ってきました。今年第一回目です。このお店はいつ何を食べても私の美味しさの的をはずしません。最近ロザート(ロゼ)をオンリストしたということで、早速飲ませていただきました。カンタルポというワイナリーのイル・ミモというロゼワインです。ブドウはネッビオーロで、初めて口にします。オペラ座の怪人をイメージさせるよなラベルも面白いです。
Il_mimo06









産地:イタリア ピエモンテ州 ゲンメ

輸入元:ヴィントナーズ

ブドウ:ネッビオーロ 100%

色:オレンジが強めのクリアなルビー色

香り:かすかにフランボワーズ

味:最初は甘味と酸味が混じり合って甘酸っぱさが前面に出ます。30分ほどすると両者が今度は離れ、最初甘味が前に出て、その後酸味がやってきます。後半ではしっかりとしたミネラル感があり、ワイン全体に厚みを出しています。ロザートにしてはタンニンは強めで渋味もしっかりあります。余韻ではブドウの皮をかじった味が長く続きます。これもまた美味しいロザートです。

値段:お店で4500円(だったかな)

ゲンメのワイナリーは初めてで、しかもネッビオーロのロザートも初めてで、こんなにタンニンがしっかりしたロザートも初で、初物づくしでした。
このワインにあわせたのが、寒サバのカルパッチョに足寄産子羊のカルパッチョPhoto です。







もう、最高!これくらいタンニンがあると肉でも全く負けません。プリモでいただいた鴨とも良い相性でした。その後のセコンドではタラのトマトソースと仔牛のスカロッピーネ・マルサラソースをいただき、ワインはグルフィのロッソ・イブレオ04をあわせました。さながらシチリアづくし!これまた最高でした。
いつも美味しいお料理とワイン、そして楽しいお話をありがとうございます!次回はどんな道産食材が待ってるのかなぁ。

|

« PIERO MANCINI VERMENTINO DI GALLURA 2006 | トップページ | Monchiero Carbone PELISA Barbera d'Alba 2005 »

イタリア(ピエモンテ)」カテゴリの記事

コメント

ロゼの魅力にどんどん引き込まれていきます。
ワインの味わいはもちろんですが、お料理の美味しさがさらに食事を楽しませてくれます!

ネッビオーロもいろんな顔を持っていますね。
ますます好きになります。

投稿: 副部長 | 2008年2月 2日 (土) 23時43分

副部長様
ロゼはいいですよね。お店に置いていただけると、本当に幅が広がります。選ぶのが苦手な男性諸氏には悩みの種が増えるだけかもしれませんが(苦笑)。
道産ロゼも頑張って欲しいですよね。元々ライトな赤が主力ですから、いいロゼももっと増えることを期待します。でも売れないのかなぁ…。

投稿: アマ | 2008年2月 3日 (日) 11時45分

アマ様
先日はご来店いただきありがとうございました!
いやー、正直言って、
これほどワインに造詣の深いお客様に
納得していただくワインをご用意するのは
プレッシャーです!(冷や汗)
気に入っていただけてうれしいです!(ホッ)
あの後早速、七夕黒をゲットしました!
美味しかったです!
師匠これからもいろいろとお教えください!!

投稿: ccまだーむ | 2008年2月 3日 (日) 16時48分

ccまだーむ様
こちらこそ、美味しいお料理とワインありがとうございました。
師匠は勘弁して下さい(苦笑)。
いつもながら凄いなぁと思います。どういう方向からワインを選んでも、お料理とあうワインが必ずあるんですから!
私の方こそ、これからも色々教えて下さい!!

投稿: アマ | 2008年2月 3日 (日) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/10206405

この記事へのトラックバック一覧です: CANTALUPO il Mimo 2006:

« PIERO MANCINI VERMENTINO DI GALLURA 2006 | トップページ | Monchiero Carbone PELISA Barbera d'Alba 2005 »