« SARTORI PINOT GRIGIO BLUSH | トップページ | CARPENE MALVOLTI PROSECCO »

2008年2月18日 (月)

第31回 山本会

2月16日に31回目となる山本会が神田のレストラン「ワイ・ヴィラージュ」さんで開催されました。なんと前回同様、偶然にも私の出張日と重なり、さらに今回は副部長の出張日とも重なったので二人で参加させていただきました。
今回のテーマは「贅沢ワイン」。
参加者は14名で、イタリアから帰国されている川頭さんご夫婦も参加されました。
各自が「贅沢なワイン」「とても思い入れのあるワイン」ということで持ち寄って、ワインと料理を楽しむ訳ですが、この会の凄いところは、ただ飲むだけではないんです。完全ブラインドでそれを当てるという、なんとも恐ろしい?会なのです。

313







14名参加ですから、当然開けたワインも14本!
圧倒されます。
311







それぞれのワインの名称はナカツカさんのブログをご覧下さい。
イタリアと北海道を紹介すると、
①オルネッライア 1998
十勝ワイン アムレンシス 1999
③カステッロ・ディ・フォンテルートリ キャンティ・クラシコ 1995
④ビオンディ・サンティ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 1997
⑤レ・マッキオレ スクリオ 2000
⑥北海道ワイン 貴腐ケルナー 2005

イタリアと北海道以外は当たるはずもありません。
①は「イタリア産でカベルネとメルロー」まではわかりました。

②はもちろん、私が持参したワインですが、見事にはずしました。てっきりピノだと思ってしまいました。お恥ずかしい。はずしてしまうほど状態が非常に良く、デキャンタージュしていただいたこともあり、とても美味しいアムレンシスでした。

③は「キャンティ・クラシコ地区の南の方のサンジョベーゼ」ということでほぼ正解。ビンテージは99だと思ったのですがはずれました。私の中ではこの日一番のワインでした。

④これは思いっきりはずしました。酸の高さがサンジョベーゼっぽくなかったので、しかもグロッソだとは全く思いませんでした。そもそも飲み慣れていないワインですから(言い訳)。でも憧れのワイン、口に出来たのがとても幸せでした。

⑤これも全くわかりませんでした。ボルゲリのシラー100%なんですが、先週試飲したドゥエマーニ・スイサッシとは全く異なる味わいです。というか、飲んだことのない味わいで、ハーブ香が強く、思わず私は「養命酒!」と言ってしまいました。ただ川頭さんのお話では「本来の味わいではない」ということでしたので、いつかまた飲んでみたいです。

⑥はデザートワインとして副部長が持参しました。ちょっと状態が心配でしたが、まぁまぁ、ギリギリセーフって感じでした。

本当に凄い会でした。おそらく今回のワインの総額は20万円は超えているでしょう。こんなワイン二度と飲めないかもしれません。

こんな素人を参加させていただいたナカツカさんに感謝いたします!

今回私と副部長は「思い入れのあるワイン」ということで、道産ワインを持参しました。
正直なところ、アムレンシスは「プロの方々を相手に、山ブドウは失礼かなぁ」と相当悩みました。が、逆に「プロの方々がこれをブラインドで飲んだら、どういう評価をするんだろう?」というのは前々からやってみたかったので、ここは思い切って持っていきました。するとやはり私と同じように「ピノ・ノワール」という声が多く、「山ブドウでこんなワインが造れるの?」という驚きの声をいただきました。十勝ワインの実力を少しは知ってもらえたかなぁと、とても嬉しく思います。

312
(←名だたるイタリアワインに挟まれてみました)




貴腐ケルナーは川頭さんが「ケルナー」をあてました。さすがです。ですが皆さんドイツ品種で遅摘みというところまでわかってしまうんですから、やっぱり凄い方々です。「甘口なんだけど、サラッとしていて美味しい」という声を、特に女性の方々からいただきました。こちらもまた道産ワインを愛する者としてとても嬉しい気持ちになりました。

ブラインドは難しいですが、とても楽しい会でした。
それと、こういったワインを愛する方々とご一緒させていただくと、「本当にワインを愛する人たちって、とても寛容だよなぁ」といつも思います。
ワインって人を優しくする何かがあるのかもしれませんね。
参加者の皆様、ありがとうございました!

|

« SARTORI PINOT GRIGIO BLUSH | トップページ | CARPENE MALVOLTI PROSECCO »

ワイン会」カテゴリの記事

コメント

普段の私の生活では出会うことのないワインばかり!
初参加でしたが楽しく美味しく頂きました。
完全ブラインド、やはり難しいですね。
いろんな推論をかわしながら、味わいを探るヒントを学ぶことができました。
参加者の皆様に感謝感謝です。
ありがとうございました!

投稿: 副部長 | 2008年2月18日 (月) 07時09分

遠いところありがとうございました。
しかもその日にブログアップさせるとはすごいですね。
また4月に・・・の前に3月に札幌でお会いしますね。キャンティファームさんもお初にお目にかかるので楽しみです。後任もかわいがってやってください。

投稿: ナカツカ | 2008年2月18日 (月) 23時26分

ナカツカ様
楽しい会でした。ありがとうございました。
帰ってきた勢いでアップさせました。この感動を早く伝えたかったので。
札幌でお会いできなくなるので寂しくなりますが、東京に行った際にはご一緒させて下さい。

投稿: アマ | 2008年2月19日 (火) 17時16分

こんばんは、お久しぶりです。東京、ニヤミスだったんですね(笑)。十勝ワインに惹かれました。機会があれば飲んでみようと思います。

投稿: saluvi2002 | 2008年2月20日 (水) 21時39分

saluvi2002様
ニヤミスだったんですか?
いつかmaurizioさんと闘うワイン商さんを含めたご三人と一緒にイタリアワインを飲みたいです。都内なら実現できるかもしれませんよね。
十勝ワイン、ありがとうございます。
広島ではおそらく入手困難かと思いますが、是非飲んでみて下さい。十勝ワインでも「トカップ」は絶対飲まないで下さいね。

投稿: アマ | 2008年2月21日 (木) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/10585681

この記事へのトラックバック一覧です: 第31回 山本会:

« SARTORI PINOT GRIGIO BLUSH | トップページ | CARPENE MALVOLTI PROSECCO »