« RUGGERI Quartese Prosecco Brut NV | トップページ | KURISAWA BLANC 2006 »

2008年1月 1日 (火)

MICHELE SATTA Bolgheri Rosato 2006

我が家の年越し料理はカニやエビや刺身が多いので、あわせるワインとしてロザート(ロゼ)を選んでみました。ミケーレ・サッタというワイナリーのボルゲリ・ロザートというワインです。このワイナリーのボルゲリ・ロッソはコストパフォーマンスに優れた赤ワインとして、私も以前レストランで飲んだことがあります。ワインの名醸地、トスカーナの西海岸にあるボルゲリにあるワイナリーとしては歴史は浅い方かもしれませんが、あのロバート・パーカーが「ボルゲリのラインジング・スター」と称したそうです。そんなスターが造ったロザート、果たして我が家の年越しに花を添えてくれるでしょうか?
Michele_satta_bolgheri_rosato05_2









産地:イタリア トスカーナ州 ボルゲリ地区

輸入元:飯田

ブドウ:サンジョベーゼ主

色:黄色がかったクリアな茶色

香り:ベリー系

味:強い甘味がまず口の中に広がります。その後苦味と酸味が一緒に絡み合って現われ、梅しそのニュアンスが若干あります。個人的にはここがもう少し欲しかったです。余韻は長く、果皮の渋味もほのかに続きます。 粘性も少しあり、やはり力強いロゼワインです。

値段:2000円前後(すみません、忘れました)

ワイン自体は良かったのですが、生のエビ、マグロにはダメでした。火を通したものなら幅広くあいます。唐揚げとの相性が1番でした。やっぱり刺身は日本酒だなぁ。
ロゼは店頭に置いてあるのが少なくて残念です。やっぱり色的に春が多い様な気がしますが、年間を通じていつも購入できるといいんだけどなぁ。

|

« RUGGERI Quartese Prosecco Brut NV | トップページ | KURISAWA BLANC 2006 »

イタリア(トスカーナ)」カテゴリの記事

コメント

生えびと相性の良いワインを探すのは一苦労ですね。
久々のロゼ、部会を思い出しました。
もっと手軽に購入できたら嬉しいですよね。
レッドナイアガラとしめ鯖、意外と悪くありませんでしたので、今度ぜひお試しくださいませ。

投稿: 副部長 | 2008年1月 2日 (水) 00時16分

副部長様
春にはまたロゼ大会をやりましょう!
しめ鯖とレッドナイアガラですか!
意外すぎる組み合わせですね(笑)。

投稿: アマ | 2008年1月 2日 (水) 12時26分

明けましておめでとうございます!

興味深いもの飲んでますね~!
生のエビやマグロにはダメっていうの、ちょっとわかる気がします。
私も刺身には日本酒だとは思いながら、やっぱりワイン飲んでしまうタチです(笑)。

今年もよろしくお願いします。

投稿: イタリア人 | 2008年1月 6日 (日) 19時01分

イタリア人様
そうなんですよね。日本酒だよなぁ~と思っても家にはワインしかないので、やっぱりワイン飲んじゃうんです。マグロ自体の質の問題もあると思います。良いマグロなら大丈夫なんですが、ちょっとでも臭みがあると、それが何倍も増強されちゃいます。それ以上に、やっぱり生エビが難しいです。特にボタンエビ。あの独特の苦味と生臭さがどうしても強調されてしまいます。何か良いワインをご存知でしたら是非教えて下さい!こうなったら意地です(笑)。

投稿: アマ | 2008年1月 6日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/9668690

この記事へのトラックバック一覧です: MICHELE SATTA Bolgheri Rosato 2006:

« RUGGERI Quartese Prosecco Brut NV | トップページ | KURISAWA BLANC 2006 »