« おたる ヴィラージュ・ヌーヴォー ミュラー・トゥルガウ 2006 | トップページ | 深川ワイン ミュラー・トゥルガウ 2005 »

2007年12月10日 (月)

山本会 初参戦!

第30回山本会が東京で開催されました。これは私がお世話になっているナカツカさんが主宰のワイン会です。毎回色んなテーマを決めて、それに沿ったワインをメンバーが持ち寄り、ブラインドでそれを当てる、というなんとも凄い会なのです。
今回開催のご案内をいただいたところ、なんと私がちょうど出張で東京へ行っている日ではないですか!メンバーはほとんどその業界のプロの方々。こんな素人の私が参加してよいものかと思いましたが、せっかっくの機会ですから、勉強のために参加させていただきました。

メンバーは私を含め、8名。場所はナカツカさんのご自宅(とてもお洒落なお部屋でした)です。
テーマは「3000円台で美味しいと思うワイン」
で、持ち寄ったワインがこれです。
Photo







全部写しきれませんでしたが、他に2本とドルチェに甘口ワイン数本あります。
私が持参したのは、
CASTELLO DI AMA CHIANTI CLASSICO 2001
です。

これらワインを袋やアルミホイルで包み隠して、みんなで飲んで当てるというのですから、尋常な会じゃありません。真剣になりすぎて、ついつい黙り込んでしまいます。

イタリアと北海道しか知らない私には、もちろん全くわかりません。
わかるのは「イタリアかそうじゃないか」くらいなもんです。
写真右に移っているレ・マッキオレのボルゲリ・ロッソの産地は当てました!セパージュはちょっと違ってましたが(苦笑)。
なんとかイタリア好きの面目を保てました。よかった、よかった。
ピノも産地はわかりませんが、品種は結構わかるようになったかなぁ。
シラーは飲んだことがなかったので全然わかりません。ホント、難しい。

私が持参したアマは「美味しい」と言って飲んでいただけたのでホッとしました。
これを当てたのはナカツカさんだけ。さすがです!
石灰質の強いガレストロ土壌が醸し出すしっかりしたミネラル感が、キャンティ・クラシコらしくないので、「ランゲ・ネッビオーロ」という回答もありました。
私のようなイタリア好きならサンジョベーゼとネッビオーロの違いはわかるのですが、皆さんは凄いです。口にしただけで「熟成したイタリア」とわかってしまうのですから。
いや~、本当に凄い方々ばかりです。

実は何を持参しようか迷いました。ワインは前日にいつも通販でお世話になっている酒喜屋さんで購入。

Sakakiya ←2階がイタリアワイン売り場+オステリア、1階はその他のお酒売り場です。







サンジョベーゼというのは決めていたのですが、「美味しいと思ったワイン」なので、私がアマよりも美味しいと思ったクエルチアベッラのキャンティ・クラシコを買うつもりでいました。04を探したのですが、あったのは05。そして探しているとあるはずのないアマ01があったので、01のアマか05のクエルチアベッラで悩みました。01アマはすでに飲んだことがあるので味は予想がつきます。05のクエルチアベッラは未知なので、ここは冒険せず、01アマを選択した、という訳です。

部会のキャンティ・クラシコ大会でも感じましたが、01は凝縮感がそんなにありません。エレガントで美味しいのですが、物足りなさは否めません。
近いうちに04の出来を確かめてみます。

また、強く印象に残ったのが、写真にはないのですが、川頭さんがイタリアから持参して先週飲んで残しておいてくれた極甘口ワイン、エステ・ノイエのアントス97。モスカート・ジャッロ、ゲヴュルツ・トラミネール、ソーヴィニヨン・ブランをパッシート(陰干し)して造られたデザートワインです。「甘口なら道産は負けない!」と思っていたのですが…。なんだろう、とても甘いのに飲み口はサラッとしてるんです。97なのに酸もしっかりしてます。重たいベタッとした感じがまったくありません。これならフルボトルでもグイグイ飲めちゃいます(そんなことするワインではありません)。まいりました。

とても楽しく、とても美味しく、とても勉強になった会でした。機会があればまた是非参加したいです。
今度札幌のメンバーでブラインドをやってみようかなぁ。
メンバーの皆様、本当にありがとうございました!
mikimon様、美味しいお料理ありがとうございました。特に鶏肉のトマトソース煮とアマのマリアージュは最高でした!

やっぱり私の前世はイタリア人かもしれない…。

|

« おたる ヴィラージュ・ヌーヴォー ミュラー・トゥルガウ 2006 | トップページ | 深川ワイン ミュラー・トゥルガウ 2005 »

ワイン関係イベント」カテゴリの記事

コメント

噂の山本会初参戦、われらワインクラブから出場者を輩出できたことは誇りです、部長!
初戦にボルゲリ・ロッソを当てたのは凄いですね。
プレッシャーはありませんでしたか?
無言で味を確かめ合う姿、想像に難くないです。
ナカツカ様のご自宅も興味深々(笑)
部会がブラインドだったら…全然自信はありませんが、おもしろそうですね。

投稿: 副部長 | 2007年12月11日 (火) 01時43分

お初にお目にかかりましたものです、遅刻してすみませんでした。
アマさんのアマ、美味しかったです!
当てられなくてすみません (>_<)

イタリアワインは全然わかっていません。
時々このブログも拝見し参考にさせて頂きたいと思います。

山本会は楽しくて有意義ですよね、またいつか機会がありましたらお会いしましょう(^.^)/~~~

投稿: wakwak | 2007年12月11日 (火) 15時42分

こんにちは~!
「わかるのは『イタリアかそうじゃないか』くらいなもんです。」っていうのは、私も同じです(笑)。
あまりに同感なので、妙に納得です(笑)。

投稿: イタリア人 | 2007年12月11日 (火) 16時49分

副部長様
お褒めの言葉ありがとうございます。
ボルゲリ・ロッソはまぐれです(笑)。
でも「やっぱりイタリアワインが好きなんだなぁ、自分」と再認識しました。
部会だと厳しいので、次回のオフ会はブラインドにしましょう!でも、きっとイタリアだけでも大変ですよ。ブドウ多すぎますから。

投稿: アマ | 2007年12月11日 (火) 17時37分

wakwak様
ようこそお越し下さいました!
色々お話できて楽しかったです!チーズも美味しかったです。ありがとうございました。なかなか清見のお話を出来る人も少ないので、嬉しくなりました。
今後是非清見のバックビンテージを持ってお店にお邪魔いたします。
maurizioさんのブログでもニアミスしてたんですね。そうとは知らず失礼いたしました。
今後もよろしくお願いいたします。

投稿: アマ | 2007年12月11日 (火) 17時41分

イタリア人様
ありがとうございます。
フランスがお好きな方々には、イタリア産はすぐわかるようです。驚きました。「小豆の茹で汁のニュアンス」とおっしゃってました。イタリアワインにはイタリアワインの香りがあるんだそうです。それに我々は魅せられてる、ということなんでしょうね。

投稿: アマ | 2007年12月11日 (火) 17時52分

遠くからのご参加ありがとうございました。
また日程が合うときはいらしてくださいね。キアンティ・クラシコを当てたのはたまたまですから・・。

投稿: ナカツカ | 2007年12月12日 (水) 23時31分

ナカツカ様
本当にありがとうございました。
すごく勉強になりました。また誘って下さい!

投稿: アマ | 2007年12月13日 (木) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/9337643

この記事へのトラックバック一覧です: 山本会 初参戦!:

« おたる ヴィラージュ・ヌーヴォー ミュラー・トゥルガウ 2006 | トップページ | 深川ワイン ミュラー・トゥルガウ 2005 »