« ALFIERO BOFFA Storica BARBERA D’ASTI 2004 | トップページ | BALBINOT PROSECCO Spumante Brut »

2007年12月19日 (水)

清見 1997

私が初めて清見を飲んだのが一昨年。その時のビンテージがこの1997。グレートビンテージではありませんが、良年です。ちょうど10年目になる今年のうちに飲んでおこうと思い開けてみました。清見はセイベル13053を5シーズンかけてクローン選抜した品種です。池田町は雪が少なく気温も低いため、そのままではこの清見は立ち枯れしてしまい越冬できません。そこで考えられたのが培土という方法です。ブドウの樹を曲げて土をかぶせて越冬させるのです。春になると今度は排土といって、その土をよけて樹を掘り出さなければなりません。当然手間暇がかかります。そこまでして、池田町はワインを造りたかったのです。そんな池田町の努力の結晶、ゆっくり味わいました。
97









産地:北海道 池田町

ブドウ:清見

色:中心部がやや黒いレンガ色

香り:インク、タール、アルコール、かすかにバニラとリンゴ

味:抜栓直後は強烈に酸っぱいです。1時間でやっと開いてきます。ブドウのほのかな甘味を感じ、その後にしっかりとした酸味とやや強めの苦味が現れます。オークの香りも感じます。飲み込んでからの果実味が実に心地よく、余韻ではカカオ80%チョコのような苦味と甘味が続きます。タンニンは強くはなく、多少ざらつき感もありますが、しっかりしてます。多分今が飲み頃でしょう。イメージとしてはピエモンテのピノとバルベーラの混醸で酸がちょっと強め(そんなイタリアワインはあるのかな?)、といった感じです。美味い!

値段:今発売中の2003は2566円。これはそれ以上します。

とにかく時間がかかります。でもその変化を楽しみながらゆっくり味わうのも楽しいものです。抜栓直後の味で評価されると厳しいでしょうね。少なくても飲む1時間前には抜栓しましょう。
十勝ワインは熟成させて楽しむワインです。ですので、樽にもこだわっています。この清見はアリエールかトロンセのフレンチオークのバリックで1年間熟成です。その後2年間の瓶熟を経て世に出ます。この間箱根で飲んだシャトー十勝とアムレンシスはアリエールとトロンセのフレンチオークのバリックで1年間、その後イタリアンオークの大樽で2年間、瓶熟2年間でやっとリリースされるのです。なんとも気が遠くなりますが、そこまで待つだけの価値はあると思います。
真の十勝ワインはトカップにあらず。是非飲んでみて下さい。

その後の変化は副部長に委ねました。

|

« ALFIERO BOFFA Storica BARBERA D’ASTI 2004 | トップページ | BALBINOT PROSECCO Spumante Brut »

北海道(十勝ワイン)」カテゴリの記事

コメント

清見、美味しいですね~
強いけれどタンニンと仲良く手をつないでいる酸と果実味がよいバランスを保っています。
香りも高くなってきました。
清見の力が十分に発揮されています!
時間をかけてゆっくりと。アマさんのおっしゃるとおりだと思います。
暖かな部屋で、十勝牛を食べながらクリスマスパ-ティーなどいかがでしょうか。


投稿: 副部長 | 2007年12月20日 (木) 22時12分

副部長様
2日目のご報告ありがとうございました。
というか、飲みたーい!
やっぱり時間がかかりましたね。
肉料理にはあうでしょう!山幸も飲みたくなりました。
城97もそろそろかなぁ。

投稿: アマ | 2007年12月20日 (木) 22時26分

アマさん、あけましておめでとうございます。

この「清美」がUPされてから随分日が経つのに今頃すみません。

私が以前飲んだものは1990でした。少なくとも10~12年?位前に。
しかし、当時は全くワインの事わかっていませんでした。
当時の私にはあまりに強いインパクト―強い酸と渋味と少しの苦味―で、それが美味しいものなのか将来性があるものなのかなど知る由もなく。。

実は1本だけその90年があったのです。
もちろん保存状況がひどくもうだめなのはわかっていましたが、親友の名前と同じなのでずっとおいてあったのです。

元旦の今日あけてみました。やはりいっちゃってました(-_-;)
が、思うに・・・ 相当タフなワインだと推測できました。
すでにだめになってはいるのですが、その個性が十分に残っています。
古酒好きなら少しくらい飲むかも? 相当タフなワインなのでしょうか?

コルクがやけに短いようです。37mmです。
今もそうでしょうか?


投稿: wakwak | 2008年1月 2日 (水) 03時12分

wakwak様
明けましておめでとうございます。
お正月に清見1990、凄いですね。結果はちょっと残念でした。私が飲んだ清見で最古がこの97です。ですので、どれくらい保つワインなのかはちょっとわかりませんが、10年前後でピークを迎えるような印象です。
コルクは最近開けたヌーボは37mmでした。今我が家にある1999の清見は瓶の外から見る限り37mmより長いと思います。
是非また清見を飲んで下さいね!

投稿: アマ | 2008年1月 2日 (水) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/9479868

この記事へのトラックバック一覧です: 清見 1997:

« ALFIERO BOFFA Storica BARBERA D’ASTI 2004 | トップページ | BALBINOT PROSECCO Spumante Brut »