« おたる初しぼり 微発泡 ミュラー・トゥルガウ 2007 | トップページ | 北海道ミュラー・トゥルガウ 2006 »

2007年11月 6日 (火)

POGGIOPIANO CHIANTI CLASSICO 2004

この日の夕食が肉だったので開けました。ポッジョピアノのキャンティ・クラシコです。ここも安くて美味しいキャンティ・クラシコを提供してくれるワイナリーで、お気に入りです。2004のキャンティ・クラシコ地区は良年という評価ですが、気が付けば市場ではもう2005が販売の中心。2004の姿が消えつつあります。まだ飲んでないワイナリーも多いので急いで仕入れないといけません。
Poggiopiano_chianticlass04










産地:イタリア トスカーナ州 サン・カッシーノ・ヴァル・ディ・ペサ

ブドウ:サンジョベーゼ 100%

色:中心部が黒くかすかにグラスの底が見えるガーネット

香り:ベリー系、かすかにコショウ、枯れ葉

味:ほのかな甘味の後に苦味が前面に出ます。樽がほのかに香り、タンニンはやや硬いです。30分ほどすると果実味がどんどん膨らみ、タンニンもややこなれます。ブドウの甘味にカカオのようなほろ苦さが折り重なってビターなチョコレートのような味わいです。この苦味がここのキャンティ・クラシコの特徴かもしれません。酸味も主張しすぎることなく穏やかに流れ、余韻も長いです。タンニンがまだ強いので、上手く熟成させたらもっと美味しくなるような気がします。

値段:2400円(希望小売価格)

今まではカナイオーロが10%ブレンドされていましたが、このビンテージではサンジョ100%になりました。正直味わいでの違いはわかりません。全体的に2004のキャンティ・クラシコは良い出来だと思います。やはり気候が良かったのでしょう。色々買って寝かせて楽しみたいところです。が、やっぱりすぐ飲んでみたくなるんですよね~。
最近はイタリア赤を飲もうとすると、ネッビオーロとサンジョベーゼの甘美なる誘惑からなかなか逃れることが出来ません。いっそのことしばらくは身を委ねて溺れてしまうのもいいかも(笑)。

今日はノヴェッロ解禁!果たして今飲んでいる方はどれくらいいるんでしょうねぇ~。

|

« おたる初しぼり 微発泡 ミュラー・トゥルガウ 2007 | トップページ | 北海道ミュラー・トゥルガウ 2006 »

コメント

 お疲れ様です。確かに、”いつまでも あると思うな 2004" ですよね。アンテナを張って置かないといけません。
 さて、私事なのですが、以前お話していた札幌訪問ですが、日程の都合により22日に函館入りしその後青森に南下することになってしまいましたので今回は札幌訪問が不可能になってしまいました。本当にすみません。函館のお勧めラーメンってありますか?

投稿: saluvi2002 | 2007年11月 7日 (水) 16時59分

saluvi2002様
それは残念でした。ご来札の機会がございましたら、またご連絡下さい。
函館のラーメンですが、五稜郭近辺でしたら、あまりにも有名ですが「あじさい」がやっぱりオススメです。元町近辺でしたら鳳来軒が私は好きです。ただしこちらは閉店時間が早いのでご注意下さい。イタリアワインは期待しないで下さいね(苦笑)。
素敵な函館の夜をお楽しみ下さい。

投稿: アマ | 2007年11月 7日 (水) 19時05分

アマさん、早速のご返事&函館情報有難うございました。夕方6時に函館空港に付き、翌朝7時発の高速艇で青森に向うというハードスケジュールですが、何とか魚とラーメンは堪能して、できれば五稜郭と一本木の門は見て帰りたいと思っています。札幌にいける日を楽しみにしてります。
 それにしても広島の我々は”来広”ですが、札幌の方は”来札”なのですね。広島ではまず耳にすることの無い言葉ですので印象深かったです(笑)

投稿: saluvi2002 | 2007年11月 7日 (水) 22時18分

saluvi2002様
こちらこそありがとうございます。
それにしても強行スケジュールですね(苦笑)。
津軽海峡はシケるととんでもなく荒れますので、快適な船の旅となるよう祈っております。
確かにこちらでは”来広”は聞きませんね(笑)。
広島出張ないかなぁ~。”来広”したいです。

投稿: アマ | 2007年11月 7日 (水) 22時42分

2004が消えつつあるというのに、まだ飲んでいないものばかり。追いつくのは難しいですね。
ネッビオーロとサンジョベーゼに溺れる冬もいいですね(笑)
クリスマスのワインを考える季節になって来ました。

投稿: 副部長 | 2007年11月 7日 (水) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: POGGIOPIANO CHIANTI CLASSICO 2004:

« おたる初しぼり 微発泡 ミュラー・トゥルガウ 2007 | トップページ | 北海道ミュラー・トゥルガウ 2006 »