« おたる初しぼり セイベル13053 2007 | トップページ | おたる初しぼり 微発泡 ミュラー・トゥルガウ 2007 »

2007年11月 4日 (日)

fay La Faya 2003

ススキノで用を終え、「美味しいイタリアの赤ワインが飲みたいなぁ~」と思い、副部長をお誘いしてイタリアワインバー「uva(ウーバ)」へ行ってきました。そこで飲んだワインです。
北イタリアはスイス国境に面したロンバルディア州にあるファイ(正確には”アジェンダ・アグリコーラ・サンドロ・ファイ”)というワイナリーのラ・ファイアというワインです。
ロンバルディア州という名前はあまり馴染みがないかもしれませんが、ファッションの街ミラノがあるのがこの州です。ロンバルディア州のワインといえば、バローロやバルバレスコと同じネッビオーロ(現地ではキアベンナスカと呼ばれます)から造られたヴァルッテリーナが有名。今回はヴァルッテリーナではありませんが、初のキアベンナスカを試してみました。
La_faya03









産地:イタリア ロンバルディア州 ヴァルッテリーナ地区

ブドウ:ネッビオーロ(キアベンナスカ) 65%、メルロー 15%、シラー 15%、ピノ・ネロ 5%

色:中心がやや黒いルビー

香り:ベリー系、(記憶が定かではありません)

味:抜栓直後は果実味と苦味、酸味がバラバラでタンニンもややざらついた感じがありましたが、30分ほどでまとまってきました。しっかりとした果実味と滑らかなタンニンに穏やかな酸味が練り込まれた感じでスイスイ喉を通って行きました。後半でコーヒーのようなニュアンスも。余韻はそこそこ長いと思いますが、印象は強くありません。2時間ほど経つと酸がへたってきて、最初に一口で何か膜に覆われた感じがし、味わいは落ちました。ですが、その時にはもうほとんど飲みきっていたので、とても満足できた1本です。

値段:3800円(希望小売価格)

果実味の厚みはメルローの力かな?シラーを単一でまだ飲んだことがないので、その役割がまだよくわかりません。

実はこれを空けた後、グラス売りしていたカッシーナ・キッコのランゲ・ネッビオーロ2006があったので飲ませて頂きました。私が飲んだプロデュットーリのランゲより、ミネラル感が少ないものの、ブドウそのもののストレートな味わいを感じ美味しかったです。

uvaさんには何度か訪れてますが、オーナーとワインのお話をさせてもらったのは今回が初めて。盛り上がりました。出るは出るはお宝の山!
Uva ←これ全部飲んだわけではありません(笑)。
左からモンテヴェルティーネ・レ・ペルゴーレ・トルテ2000、2001(マグナム)、プルノット・バローロ・ブッシア1986…。写真にはありませんが、サッシカイアの1985、カステッロ・ディ・アマの1995の木箱6本入り(うちラッパリータ2本)!などなど。
「まぁ、これは自慢」と笑顔でおっしゃってましたが、そりゃぁ自慢したくなるでしょうね。
開ける時は呼んでくださーい!
レ・ペルゴーレ・トルテ01は約1ヶ月前に抜栓しており、ほんとんど空き瓶ですが、少しボトルの底に残っていたので、「酸化したワイン」の勉強として飲ませて頂きました(やりすぎ?)。感想は、もちろん、「…」。
とても楽しい時間でした。

|

« おたる初しぼり セイベル13053 2007 | トップページ | おたる初しぼり 微発泡 ミュラー・トゥルガウ 2007 »

イタリア(その他)」カテゴリの記事

コメント

先日はお誘いいただきありがとうございました。
久しぶりにとっても美味しいワインをしっとり楽しむことが出来ました。
「La Faya」ふくよかな感じが大変気に入りました。穏やかながらも存在感はある酸と、タンニンとのバランスも良かったです。
どのあたりにシラーを感じられるのか、ヒントをいただけばよかったなと、ちょっと後悔。
ですが、マスターとのたくさんのワイン談義が楽しくて楽しくて。
貴重なワインにも触れさせていただき感謝です。
開ける時にはいつでも駆けつけます!
カッシーナ・キッコのランゲ・ネッビオーロはプロデュットーリのよりも落ち着いた酸と果実実を感じました。これは普段おうちで飲みたいな~。

投稿: 副部長 | 2007年11月 4日 (日) 20時50分

副部長様
お付き合いいただき、ありがとうございました。
いや~、本当に楽しい時間でした。
後ろで騒いでいた同業者と思われる連中がいなければもっと良かったでしょうね(苦笑)。同業者として情けないです。
アマをやっつけに、また行きましょう!

投稿: アマ | 2007年11月 5日 (月) 17時59分

ウーバの村上さんは大ファンです。
村上さん素敵ですよね?あんな大人になりたいです。

投稿: ナカツカ | 2007年11月 5日 (月) 22時10分

ヴァルテリーナは、串揚げ屋で飲んだのが初めてでした!!
ちょっと、陰干ししているので、良いですね!
渓谷のため、南側斜面しか葡萄が育たない過酷な環境で急斜面で手を加えているのも頭が下がる思いですね!!

シラーは、Villa Pilloが手頃な値段で美味しいですね!!
CimaのIl Gamoも好きなのですがちょっと高いのが難点ですが、02は家の数少ない在庫にありますので、東京にお越しの際に残っていたら、一緒に飲みましょう!!

投稿: maurizio | 2007年11月 5日 (月) 22時15分

ナカツカ様
札幌のお仕事お疲れ様でした。
uvaさんは何度か行ってるのですが、あんなに色々なお話をきかせていただけたのは初めてです。fayをオーダーして「ちょっと違う客だな」と思ってくれたようです(笑)。私と年が2つしか違わないのですが、私もあんな大人になりたいです。是非今度ご一緒して下さい。

投稿: アマ | 2007年11月 5日 (月) 22時22分

maurizio様
いつもありがとうございます。
串揚げ屋でヴァルッテリーナっていうのも凄いですね!北海道では考えられません(笑)。
他のサイトで畑を見ましたが、本当に凄い傾斜地で造ってますね。あれを見たら「大切に飲まなきゃ」と思ってしまいます。

CIMAのシラー、是非よろしくお願いします!なんとか残しておいて下さい!

投稿: アマ | 2007年11月 5日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/8754003

この記事へのトラックバック一覧です: fay La Faya 2003:

« おたる初しぼり セイベル13053 2007 | トップページ | おたる初しぼり 微発泡 ミュラー・トゥルガウ 2007 »