« fay La Faya 2003 | トップページ | POGGIOPIANO CHIANTI CLASSICO 2004 »

2007年11月 5日 (月)

おたる初しぼり 微発泡 ミュラー・トゥルガウ 2007

初しぼりシリーズの微発泡です。白はこのミュラー、赤はセイベル13053でリリースされています。裏ラベルには「発酵途中のおいしさをイメージした」とあり、発酵途中の果汁の甘味と炭酸による爽快感を前面に出そうとしているシリーズです。去年飲んで私はイタリアのモスカート・ダスティをイメージしました。先に飲んだ初しぼりミュラーのバランスが良かったので、こちらも期待できます。
07









産地:北海道 ブドウ:ミュラー・トゥルガウ

色:極薄い緑色

香り:グレープフルーツ。弱い。

味:ミュラーの甘味が口の中に広がり、しっかりとした苦味が後を追って現れます。酸味は穏やか。やはりグレープフルーツ・ジュースのような感じです。泡は微発泡ですが、細やかさが欲しいところです。ここが課題かもしれません。食前・食後にはもちろん、苦味がアクセントとして良い役割を担っているので食中でもいけます。

値段:1071円

初しぼりも、泡があるとまた楽しみが増えます。やはり泡のきめ細やかさではモスカート・ダスティには及びませんが、同じ価格帯ならこちらもオススメできます。

今の時期、札幌市内どこのスーパーを見ても「ボージョレー・ヌーヴォ解禁」のポスターが目に付きますね。明日は一足早くノヴェッロ解禁ですが、さすがにそのポスターは見かけません(苦笑)。イタリア版初しぼり、今年は飲んでみようかなぁ。

|

« fay La Faya 2003 | トップページ | POGGIOPIANO CHIANTI CLASSICO 2004 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

北海道も新酒が続々と発売になる季節ですね。
ヌーヴォの解禁を楽しみにしていた時期もありましたが、最近はノヴェッロのほうが気になります。
今年のブドウの元気よさを、ぜひレポートしてください!

投稿: 副部長 | 2007年11月 5日 (月) 22時03分

副部長様
このあと北海道ワイン社はナイアガラがリリースされますね。12月1日には日本で一番多いヌーボ、十勝ワインヌーボが発売になります。こちらも今年の出来が楽しみです。なんせ畑を見ましたし。
ノヴェッロもお気に入りの生産者のものがあれば飲んでみたいのですが、なんせ流通量が少ないですから。
物珍しさに便乗して、とんでもなく高い値段で売られてたらもちろん買いません。ボージョレーのように(苦笑)。

投稿: アマ | 2007年11月 5日 (月) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/8770833

この記事へのトラックバック一覧です: おたる初しぼり 微発泡 ミュラー・トゥルガウ 2007:

« fay La Faya 2003 | トップページ | POGGIOPIANO CHIANTI CLASSICO 2004 »