« おたる初しぼり ミュラー・トゥルガウ 2007 | トップページ | fay La Faya 2003 »

2007年11月 1日 (木)

おたる初しぼり セイベル13053 2007

今年5種類目の初しぼりです。初しぼり唯一の赤、セイベル13053です。このセイベル13053は道産赤ワインの主力品種として古くから栽培されています。十勝ワインの清見種はこのセイベルのクローンです。鶴沼シリーズにはありませんが、おたるシリーズにはラインナップされています。去年の初しぼりではポートワインの様な強い甘味が印象的だったのですが、さて今年はいかに。

07










産地:北海道

ブドウ:セイベル13053

色:エッヂがやや紫がかったガーネット

香り:ハーブ、草、フルーツガム

味:驚きました。まず口に含むとやや弱めの甘味に、ほのかな苦味と渋味が重なってます。そして、しっかりした酸味。とてもフレッシュなライト・ボディの赤ワインです。後半で若干エグミを感じますが、さほど気にはなりません。去年は全く感じなかったタンニンも、弱いながらも、でもしっかり感じます。飲み込むとガムシロップのような独特の甘い香りが広がります。この辺は好き嫌いが分かれるかも。昨年とは全然違う味わいです。アルコール感は弱いですが(それでも10.5%あります)よりワインっぽく(?)なってます。あまり期待していなかった分(失礼)、とても美味しく感じました。鮭のムニエル、ビーフジャーキーとあわせましたが、負けませんでした。軽く冷やしてどうぞ。

値段:1071円

いや~、驚きました。本当に去年とは別のワインです。もしかして去年の私のコメントを読んでくれたのかな?立派な赤ワインになってます。個人的には今年の初しぼりの中ではこれが一番オススメです。「白は好きだけど、赤はちょっと…」という貴女に飲んで頂きたい赤ワインです。独特の香りがなんとも楽しいです。

|

« おたる初しぼり ミュラー・トゥルガウ 2007 | トップページ | fay La Faya 2003 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

正直セイベルはちょっと敬遠していたのですが、コメントを拝見しイメージが変わりました。
初しぼりを飲み比べできるのは、やはり小樽バインでしょうか。
たくさんの種類を一度に飲み比べたい、わがままな副部長でした。

投稿: 副部長 | 2007年11月 1日 (木) 21時37分

副部長様
本当は本日開催の初しぼりパーティーが一番だと思いますが…。
もう忘れましょう(涙)。
でもやっぱりきちんとした赤ワインとしてなら私は以前飲んだセイベル50・ツヴァイ50がいいと思います。もうリリースしないんでしょうかね?もったいない。

投稿: アマ | 2007年11月 1日 (木) 21時57分

あ!残念なことを思い出させてしまいましたね…。

セイベル50・ツヴァイ50はひっそり売り出されて、ひっそり無くなったのでしょうか。
弱い部分を補いながら、それぞれの良さが引き出されていたように記憶しています。
北海道の赤を象徴するような一本となるくらい、試行錯誤してるのかも?

投稿: 副部長 | 2007年11月 1日 (木) 22時15分

アマさま

コメントありがとうございました。
北海道に伺うときは、ぜひご一緒してください。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: giorgio | 2007年11月 2日 (金) 15時30分

giorgio様
わざわざお越しいただき、ありがとうございます!
北海道での展開、楽しみにしております。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

投稿: アマ | 2007年11月 2日 (金) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/8715331

この記事へのトラックバック一覧です: おたる初しぼり セイベル13053 2007:

« おたる初しぼり ミュラー・トゥルガウ 2007 | トップページ | fay La Faya 2003 »