« LISINI SAN BIAGIO 2004 | トップページ | SANTADI CALA SILENTE VERMENTINO DI SARDEGNA 2005 »

2007年10月14日 (日)

Nakazawa Vineyard収穫前訪問

先月ご紹介したNakazawa Vineyardの中澤さんから「収穫が20、21日頃になりそう」という連絡をいただきました。が、その日は残念ながら私は仕事。今年は収穫には参加できそうになく、「それならせめて収穫前のブドウの状態を確認しに」と思い行ってきました。ゲヴゥルツ・トラミネールは先週に収穫済みでした。気温もここ数日でかなり下がり、霜も心配だったのですが、この日の時点では大丈夫だったようです。

0710114 収穫を待つケルナーです。先月の訪問時よりかなり甘味が凝縮してました。









071014 こちらはピノ・グリ。凝縮した甘味に加え、酸味がとてもしっかりしていました。私は美味しいと思いましたが、中澤さん的には「難しい」そうです。








その他にもシルヴァーナや残っていたゲヴゥルツ等も味見しましたが、特にゲヴュルツは美味しかったです。濃い甘味と酸味のバランスが一番良かったように思います。

その後搾った果汁も飲ませて頂きました。ピノ・グリは草の香りがとても印象的で、ケルナーはしっかりした強い酸味が特徴的でした。シルヴァーナはバランスの良さを感じました。どれも素人の私には美味しいジュースでした。さらに全体的に強く印象に残っているのは、その余韻の強さ・長さ。
果たしてこれがどんな味わいのワインに変化するのか、楽しみです。
中澤さん、ありがとうございました!

|

« LISINI SAN BIAGIO 2004 | トップページ | SANTADI CALA SILENTE VERMENTINO DI SARDEGNA 2005 »

ワイナリー訪問」カテゴリの記事

コメント

今年は数多く畑に足を運ぶことができ、ワインへの思い入れもよりいっそう深くなりそうですね。
北海道の新たな可能性に期待しています。
冬の到来が心配ですが、元気な状態でぶどうたちが収穫されますように。

投稿: 副部長 | 2007年10月15日 (月) 00時02分

秋山は登山日和が続き、三連休とこの週末はお出かけしてました。紅葉も真っ只中ですが、冬の足音が近づいてきてます。

来週の休日からはワイナリー巡りを再開させます。旬の話題をかき集めに、いろいろと出かける予定です。(栗沢ブランの感想はもう暫くお待ち下さいませ。)

投稿: おっくー | 2007年10月15日 (月) 20時04分

副部長様
ブドウ美味しかったですよ。ジュースも美味しかったです。それしか言えない自分が情けないですが(苦笑)。でもジュースにすると食べただけではわからない、それぞれの特徴がわかりやすくなります。来年が楽しみです!

投稿: アマ | 2007年10月16日 (火) 00時27分

おっくー様
北海道はもう冬です。
いよいよゲリラ活動再開ですね(笑)!
今月は北海道ミュラー06と初しぼりミュラー07を飲む予定です。なかなか道産白から抜けられません。まぁ、抜ける必要もありませんが(笑)。

投稿: アマ | 2007年10月16日 (火) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/8417252

この記事へのトラックバック一覧です: Nakazawa Vineyard収穫前訪問:

« LISINI SAN BIAGIO 2004 | トップページ | SANTADI CALA SILENTE VERMENTINO DI SARDEGNA 2005 »