« FELSINA Berardenga Chianti Classico 2004 | トップページ | おびら オー・ビラージュ 2005 白 »

2007年10月 9日 (火)

おたる初しぼり キャンベルアーリ 2007

9月リリースの初しぼり、最後の1種、キャンベルアーリです。こちらは唯一のロゼ。まさにブドウを食べてるような味わいが特徴です。今年は直接工場でブドウを食べましたから、より「ブドウの味」をイメージしながら飲みました。
07











産地:北海道 余市町、仁木町

ブドウ:キャンベルアーリ

色:ややオレンジがかったクリアなルビー色

香り:甘酸っぱいブドウの香り

味:やはりしっかりした甘味から入り、その後酸味が続きます。結構しっかりした酸味です。その後皮をかじった時の苦味もほのかに感じられます。意外や意外、ブドウを食べたような余韻が結構長く続きます。甘いのですが酸味がしっかりしているので、飽きることなく飲めます。今回は我が家のカレーとあわせましたが、結構いけました。でもうちのカレー、ちょっと変わってるので参考にしないで下さい。

値段:945円

06よりバランスの良さを感じます。これなら食中でもいけます。北海道ワイン社のwebでは「甘酢やタレを使った料理にあう」とあります。来年はこっちを我が家の餃子にあわせてみようかなぁ。ブドウそのものより好きなブドウです。

今年もまず3種制覇しました。この後楽しみなミュラーが続きます。
この初しぼりはアルコール8.5%ですから、「そんなのワインじゃない!」とおっしゃる方もいるかもしれません。私もそう思います。でも、こんなにフレッシュな、ブドウそのものの味わいを出しているアルコール飲料はこれ意外に私は知りません。これこそまさに北海道ワイン社だからなせる技!素直に私は好きです。

|

« FELSINA Berardenga Chianti Classico 2004 | トップページ | おびら オー・ビラージュ 2005 白 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

初しぼりシリーズ、続々とリリースですね。
実りの秋、食欲の秋、ワインの秋…
今年の出来も上々でしょうか。
鶴沼シリーズにも期待が膨らみます。
ぶどう畑を見てからいただくワインは、いつも以上に格別なのではないかと想像しています。

投稿: 副部長 | 2007年10月10日 (水) 00時14分

副部長様
初しぼり07は上々だと思います。
鶴沼は05ですので、ちょっと残念な面も…。
キャンベルアーリを食べた時の味わいにかなり近いです。でも私はやっぱりブドウそのものより、こちらの初しぼりの方が好きです。

投稿: アマ | 2007年10月10日 (水) 23時18分

初しぼりシリーズ、今年は何本口に出来るか挑戦してみます。開けたらその日にすべて飲みきらないといけないような気がして、なかなか封を切ることができない今日この頃です。

投稿: 副部長 | 2007年10月14日 (日) 23時44分

副部長様
どうなんでしょうね。一体初しぼりは開栓後どれくらい持つんでしょう?スクリューキャップなので、意外と持つかもしれません。私は空けちゃうので、今度試してみて下さい。

投稿: アマ | 2007年10月16日 (火) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/8313524

この記事へのトラックバック一覧です: おたる初しぼり キャンベルアーリ 2007:

« FELSINA Berardenga Chianti Classico 2004 | トップページ | おびら オー・ビラージュ 2005 白 »