« TUA RITA PERLATO del BOSCO BIANCO 2006 | トップページ | おたる初しぼり セイベル13053 2007 »

2007年10月31日 (水)

おたる初しぼり ミュラー・トゥルガウ 2007

久しぶりの更新となりました。この間もワインは飲んでたんですけどね。
さて、初しぼり第2弾、いよいよ私の好きなミュラー・トゥルガウの登場です!待ってました!
昨年は強い甘味と酸味が特徴的でした。今年も良年といわれてますから、期待大です。果たしてどんな出来でしょう。
07










産地:北海道 浦臼町?

ブドウ:ミュラー・トゥルガウ

色:極々薄いグリーン

香り:リンゴ、グレープフルーツ系。ちょっと弱い。

味:しっかりした甘味を感じ、その後ほのかな苦味を感じます。ここまでは酸味は穏やかで飲み込んでから耳下腺が痛くなるような酸味が現れます。しかし、去年より弱め。弱めですが初しぼりシリーズの中では一番しっかりしています。強烈なインパクトのあった昨年に比べ、今年はバランス重視!って感じです。アルコール度数は9%なのでやはり私にはジュース感覚ですが、黙ってたら軽く1本空けそうになります。危ない危ない。ホワイトソースのパスタやグラタンが食べたくなります。温度があがると甘味がちょっとべたつくので、しっかり冷やしてどうぞ。

値段:1071円

やはり初しぼりシリーズの中では別格の存在です。美味いですねぇ。
このブログでもお知らせしました「初しぼりパーティー」が明日開催されます。参加は抽選だったのですが、結果は…
残念(涙)。
もれてしまいました。
腹いせ(?)にしばらくは初しぼりの記事が続きます(苦笑)。お付き合い下さい。

|

« TUA RITA PERLATO del BOSCO BIANCO 2006 | トップページ | おたる初しぼり セイベル13053 2007 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

腹いせ(笑)の初しぼりシリーズ、楽しみにしています。
大好きなミュラー・トゥルガウ、微発泡シリーズの期待も膨らんでいるのではないでしょうか?
初しぼり、北海道、鶴沼シリーズと時間の経過と共に変化するところを味わえるのは、地元の強みだと思います。
でも、北海道内でも流通に差があるのは残念。
気軽に手にすることが出来るように、販路拡大を望みます。

投稿: 副部長 | 2007年11月 1日 (木) 00時00分

副部長様
そうなんですよねぇ。第一陣の生食ブドウシリーズはスーパー・コンビニどこにでも売ってますが、この第二陣(ミュラー、セイベル)はあまり見かけません。生産本数が少ないのかな?むしろこちらに力を入れて欲しいところです。
ミュラーの二日目ですが、酸味がへたり、その分苦味が前に出てきました。まるでグレープフルーツジュースを飲んでいるかのような味わいです。やっぱりきちんと辛口に仕立て場合、出来は06の方が上じゃないかな~と予想します。

投稿: アマ | 2007年11月 1日 (木) 21時17分

なるほど。06の鶴沼発売を待ちたいと思います。ゴールドラベルになりそうな予感!?

投稿: 副部長 | 2007年11月 1日 (木) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/8698586

この記事へのトラックバック一覧です: おたる初しぼり ミュラー・トゥルガウ 2007:

« TUA RITA PERLATO del BOSCO BIANCO 2006 | トップページ | おたる初しぼり セイベル13053 2007 »