« おたる初しぼり デラウェア 2007 | トップページ | おたる初しぼり ポートランド 2007 »

2007年9月30日 (日)

Maurizioさんと食事会

出張で東京へ行ったので、いつも美味しいイタリアワインと都内飲食店の情報を提供してくれるMaurizioさんと一緒にワインを飲みました。Maurizioさんとは川頭さんつながりでお知り合いになれたコアな?イタリアワイン愛飲家の方です(ちなみに日本人です)。

食事をしたお店は浜松町にあるENOTECA DORO OGNI GIORNO。ドーロ系は都内でチェーン展開しており、エノテカ2店、ピッツェリア5店あります。川頭さんもよく利用されているお店で、置いてあるワインの品揃えと価格の安さで定評のあるお店です。いつか行ってみたいと思っていました。
実際に訪れてみると、期待通り、ワインリストが凄い!私が飲んだことがある銘柄も結構ありましたが、まさに今後飲んでみたいワインが目白押し!とても私には選ぶことができなかったので、Maurizioさんにお願いして頼みました。

En_barleit03










①ERSTE & NEUE MOSCATO GIALLO SECCO BARLEIT 2003

  La_bandina01









②Tenuta Sant' Antonio La Bandina Valpolicella Superiore 2001

③ドルチェワインを2種(バローネ・リカーゾリのヴィンサントともう一つは忘れました)

①はエステ・エ・ノイというアルト・アディジェ州の優良ワイナリーの白ワインです。このバルレイトはモスカート・ジャッロというブドウから造られており、まさに文字通りマスカットの香りがとても特徴的。ブドウの甘味をしっかり感じつつもほのかな苦味にしっかりした酸味が上手くバランスを保ち、スイスイ喉を通って行きました。道産のワインに近い味わいです。

②はヴェネト州で私の好きな造り手であるテヌータ・サン・アントニオのヴァルポリチェッラ・スーペリオーレでラ・バンディーナという赤ワインです。ここのヴァルポリチェッラ・スーペリオーレには他に私の好きなモンティ・ガルビがあります。モンテガルビはリパッソといってアマローネの絞りかすを入れて再発酵させる方法ですが、このラ・バンディーナは搾りかすではなく、アマローネと同じように陰干しブドウそのものを使用してます。まさに上級な味わい!凝縮された果実味に柔らかいタンニンが絡み、程よい樽香とビターチョコのような余韻、心地よかったです。酸味は穏やかな分、濃すぎると飲み飽きするし、薄いと物足りないし、その辺のバランスがなんとも絶妙でした。これはヴァルポリチェッラとは別カテゴリーのワインでしょう。

やはり期待通り、素晴らしいお店でした(食事の様子はこちらをご覧下さい)。イタリアワイン好きには良いお店だと思います。
ただ残念なのが定休日が土日祝なので、土日出張が多い私にはなかなか寄れないこと。でも神田にも新しく出来たので、今度はそちらにも行ってみたいです。

Maurizioさん、本当にありがとうございました!またよろしくお願いします!

ちょっと番外編

出張で東京から長野へ向かうため、新宿駅で特急あずさに乗ろうとしたら、売店であるチラシが目にとまり、買ってしまいました。
Photo









中央線限定販売 甲斐のしずく(白、赤)

です。180mlで400円。造っているのはメルシャンの勝沼ワイナリー
ブドウは白が甲州、赤がマスカットベリーA、という北海道にはない品種です。
この日は移動だけだったので、車内でさっそく味見。

白:結構トロピカルないい香りがしました。酸味と苦味がちょっと強く果実味は薄いのですが、飲み込む前でバナナのような香りとトロッとした味わいがありました。なかなか、甲州の実力の片鱗は伺い知ることができました。

赤:マスカットベリーAらしく、ほのかな甘味を感じます。タンニンは弱めのミディアムボディでちょっとざらついた感じがあります。ですが、特筆すべき点は飲み込む時の樽香!こんな(と言っては失礼ですが)ワインでもバニラ香がしっかりあります。期待していなかった分(またまた失礼)驚きました。さすが、勝沼ワイナリー、こういう所でも良い仕事してますね。

やっぱり日本のワイン王国、一味違います。妥協を感じません。合計800円で良い勉強しました。
北海道も頑張らんと!

|

« おたる初しぼり デラウェア 2007 | トップページ | おたる初しぼり ポートランド 2007 »

ワイン関係イベント」カテゴリの記事

コメント

アマさん:
当日は、お疲れさまでした!!
イタリアワイン好きな方と一緒に飲むのは、本当に楽しいですね!
東京にお越しの際には、また声を掛けて下さい!!
また、ワインの分析も流石ですね!!
モンテ・ガルビは、1回しか飲んだ事がないのですがリパッソだったんですね!!
勉強になりました。
La Bandinaは、テヌータ・サンタントニオのオーナーのアルマンドさんが来日した際に、彼もこのワインが一番好きだと話していました。
本当にバランスが良いワインだと、飲むたびに関心します!!
それでは!!
マウリツィオ

投稿: maurizio | 2007年10月 6日 (土) 16時11分

maurizio様
本当にありがとうございました。
La Bandinaは流石でした。おっしゃてた通り万人受けする赤ワインでしょうね。秋の夜長、ゆっくり楽しむにも良いワインだと思いました。今年はヴァルポリチェッラが雹害にあったと聞いたのでちょっと心配ですが…。
次回もまた楽しみにしております。
フィリッポさんにもよろしくお伝え下さい。

投稿: アマ | 2007年10月 7日 (日) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/8175663

この記事へのトラックバック一覧です: Maurizioさんと食事会:

« おたる初しぼり デラウェア 2007 | トップページ | おたる初しぼり ポートランド 2007 »