« 山﨑ワイナリー ケルナー 2006 | トップページ | RIVATA BARBARESCO 2003 »

2007年9月 9日 (日)

おたる ミュラー・トゥルガウ 一番搾り 2006

今年は鶴沼ミュラー・トゥルガウ2005がリリースされませんでしたが、でもやっぱり鶴沼産ミュラーを飲みたくなり、近所のスーパーで購入しました。北海道ワイン社のおたるシリーズのミュラーです。おたるシリーズですが、ブドウは鶴沼産です。スーパーの陳列棚最前列は06が置いてありましたが、その後ろを見るとやっぱり05がありました。落ち着いた05かフレッシュな06か…。悩みましたがブドウの出来はおそらく06の方が良いのでそちらを選びました。ラベルには「一番搾り」とありますが、これはその名の通り、ブドウを圧搾した時に出てくる一番最初の果汁だけで造ったという意味だそうです。

06











産地:北海道 浦臼町 鶴沼

ブドウ:ミュラー・トゥルガウ

色:極薄い麦わら色

香り:柑橘系だが弱い

味:軽い甘味の後しっかりした酸味が全体に広がります。その酸味が引くと今度は強めの苦味が現れます。北海道ワイン社のミュラーにしては苦味が強いです。全体的に薄く酸味と苦味が強調され甘味が物足りません。

値段:1292円

確か以前おたるバインで飲んだ時も思ったのですが、一番搾りの意味があるのかなぁ?きっと十分にブドウの果汁が抽出されていないので全体的に薄いのだと思います。おたるシリーズのミュラーはこの他に「完熟フリーラン」があります。ブドウの重みだけで流れてきた果汁と、そのあとプレスして出てきた最初の果汁で別々のワインを造っていることになりますが、二番、三番搾り(何番まで搾るかわかりませんが)の果汁は何処へ?完熟フリーランは甘味が強いので、両方あわせて造ったらバランスの取れたワインになると思うのですが…。なんかもったいない。バランスとコスパを考えると北海道シリーズの方がオススメです。

|

« 山﨑ワイナリー ケルナー 2006 | トップページ | RIVATA BARBARESCO 2003 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

えーっ、もう手を出してしまったのですか!もう一年待つとこなれた味になるのに、、、。
実は、小樽バインさんで夕食したあの日は長居できなかったので(札幌駅にチャリ預けてた)、宿で飲む用に↑の2000年物ハーフを買って戻ったのです。
で、頂いた所、「劣化どころか道産ミュラーここにあり!」と堅牢なのに驚きました。

ワインは酸が多いほど長持ちするのはご存知と思いますが、その事を痛感したのです。濃さを感じないのは05・06と日照が少なかったからでしょう。今年はそういう意味でメリハリがあり、これまで貯めていたエネルギー爆発でしょう。(笑・松原さんのワインは一部MLF施しているので口当たりが少し柔らかいですが、同様に長持ちするでしょう。)
もう一度買って少なくともあと一年セラーに寝かして見て下さい。逆に05は今がピークかも? 小生の仮説ですが。)

投稿: おっくー | 2007年9月10日 (月) 18時06分

おっくー様
いつもありがとうございます。
05にすべきか悩みましたぁ。おっしゃるとおりもう飲み頃でしょうね。
ビンテージの問題はあるとは思いますが、やっぱり「一番絞り」の製法が気になるんですよぉ。「完熟フリーラン」の方に甘みを持っていかれてしまってるような…。北海道シリーズの06がまだリリースされていないためはっきりしたことはわかりませんが、06の初しぼりの感じだともっと甘さはあってもいいと思うんですよねぇ。一番絞り05を試してみます。

投稿: アマ | 2007年9月10日 (月) 19時08分

なるほど! で、'06の初しぼりの記事(2006.10.31)も読ませて頂きました。
一番絞り05や北海道シリーズの06が出た時からで無いとボクの仮説は裏付け出来ない(もしも、間違っていたらごめんなさい。)ですけど、上記記事と松原さんのミュラー(05と06両方飲んでます。またいつか、06買ってみよう!)、今村氏の証言より総合的に2006年が良いと確信してます。それだけ、道産ミュラーは勉強になった優れ物のワインだし、思い入れが入ってしまいます。(^^;

投稿: おっくー | 2007年9月10日 (月) 21時40分

おっくー様
鶴沼と同じ空知にある山﨑さんのケルナー06もそうでしたが、06の空知は酸がしっかりのった年なんでしょうね。そう考えるとやっぱり来年リリースされるであろう鶴沼ミュラーがとても楽しみです。松原さんの06もそろそろ落ち着きを見せ始めてる頃でしょうね。
ここまで道産ミュラーに愛着を抱いて下さる方が道外にもいらっしゃることを、凄く嬉しく思います。ありがとうございます!

投稿: アマ | 2007年9月11日 (火) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/7865197

この記事へのトラックバック一覧です: おたる ミュラー・トゥルガウ 一番搾り 2006:

« 山﨑ワイナリー ケルナー 2006 | トップページ | RIVATA BARBARESCO 2003 »