« POGGIOPIANO M'ama non M'ama 2004 | トップページ | ニッカウヰスキー 余市産ワイン ツバイゲルトレーベ ブラッシュ 2000 »

2007年8月12日 (日)

Tenuta Sant' Antonio Valpolicella 2006

ヴェネト州のワインでは我が家の定番、サンアントニオ。ここの樽も、リパッソも使っていない、フツーのヴァルポリチェッラです。だいぶ前になりますが、お店でヴァルポリチェッラを飲んだ時の印象が悪く、モンティ・ガルヴィ以外は飲んでいなかったのですが、そこはサンアントニオ、きっとフツーのヴァルポリチェッラもフツーではないはず。
Sant_antonio_valpolichella06











産地:イタリア ヴェネト州

ブドウ:コルヴィーナ 70%、ロンディネッラ 30%

色:やや黒みをおびたクリアなガーネット

香り:シナモン、若干ベリー系、アルコール

味:口に含むと柔らかい甘味にしっかりした酸味、ややハーブ、スパイシーな感じがあります。ライトよりのミディアムボトルで、決して濃くはないんですが、色々な味の重なってて複雑です。後半でシソのニュアンスもあります。余韻もまずまず。1時間ほどすると酸味もタンニンもソフトになり、ワインだけでも楽しめます。逆に肉には弱すぎるかも。香りも面白いです。

値段:1450円

味もさることながら、このお値段!まさにヴェネトの安ウマワインです。こういうワインはホント、重宝します。ヴァルポリチェッラにしてはブドウの構成も極めてシンプルで、ブドウの味わいがストレートに伝わってきます。ただ、独特の味わいもあるのであわせる料理も難しいかもしれません。いつもお世話になっているナカツカさんがこんな研究をしています。ワイン選びの参考になりますよ。

|

« POGGIOPIANO M'ama non M'ama 2004 | トップページ | ニッカウヰスキー 余市産ワイン ツバイゲルトレーベ ブラッシュ 2000 »

イタリア(ヴェネト)」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
もっとこれからも精度の高い実験をしていきます。
イタリアワイン、もっと飲まないと、といつも思いながら違うものを意外に飲んでしまいます・・。

投稿: ナカツカ | 2007年8月12日 (日) 22時51分

ナカツカ様
いつもありがとうございます。
自腹で大変でしょうが、あの企画は楽しみにしております。

投稿: アマ | 2007年8月14日 (火) 12時59分

アマさんは、モンテガルビ以外は、飲んでいなかったんですね。
私は、モンテガルビとアマローネのベースの方だけが、飲んだ事がありませんでした。
ベースのワインも美味しいのですが、個人的には、濃厚なんだけど、エレガントな造りのLa Bandina(ラ・バンディーナ)が一番好きです。
こちらの感想も期待しています。

投稿: マウリツィオ | 2007年8月26日 (日) 11時07分

マウリツィオ様
コメントありがとうございます。
モンテガルビは私のそれまでの「ヴァルポリッチェッラ=薄・安・マズい」のイメージを払拭してくれたワインです。もうそれで満足してしまっていたのでLa Bandinaは試していませんでした。プチ・アマローネ、機会があれば飲んでみたいです!

投稿: アマ | 2007年8月26日 (日) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/7505269

この記事へのトラックバック一覧です: Tenuta Sant' Antonio Valpolicella 2006:

« POGGIOPIANO M'ama non M'ama 2004 | トップページ | ニッカウヰスキー 余市産ワイン ツバイゲルトレーベ ブラッシュ 2000 »