« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

FATTORIA CORONCINO VERDICCHIO DEI CASTELLI DI JESI IL CORONCINO 2005

トスカーナの反対側、アドリア海に面しているマルケ州の白ワインです。ファットリア・コロンチーノというワイナリーで造られているヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージというワインで、商品名がイル・コロンチーノといいます。ヴェルディッキオはマルケの土着品種で、イエージはマルケの中部にある遺跡都市の名前。つまりイエージ周辺で造られたヴェルディッキオというブドウのワイン、ということです。マルケといえばヴェルディッキオ、ヴェルディッキオといえばコロンチーノ、という位有名で評価の高いワイナリーで、人気のあるワインです。以前から飲みたいと思っていたワイン、今回実現しました。
Il_coroncino05











続きを読む "FATTORIA CORONCINO VERDICCHIO DEI CASTELLI DI JESI IL CORONCINO 2005"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

鶴沼トロリンガー 2005

先日リリースされた2005鶴沼の第二弾、トロリンガーです。このブドウはアルプスの麓、チロル地方原産のブドウで、北イタリアではスキアーヴァという名前で栽培されています。おそらく北海道では鶴沼だけだと思います。スキアーヴァもそうですが、ライトな赤ワインに仕立てられ、鶴沼ではロゼのカテゴリーになります。去年03を飲んでいるのですが、その時はもう酔いもまわっていたため、酸味が強かった印象しかありません。今回は家でじっくり飲みました。

05











続きを読む "鶴沼トロリンガー 2005"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

LA CASTELLINA CHIANTI CLASSICO 2001

久しぶりのキャンティ・クラシコです。ラ・カステリーナというワイナリーのものです。近所のスーパーでワインを物色していたら、見たことないラベルを発見。その隣にメリーニのキャンティ・クラシコ03が並んでおり、価格も同じ。どちらにしようか悩みましたが、メリーニはおおよそ味がイメージできるし、こちらは良年の01!「なんで01が残ってるの??」と思いながらも手に取ってしまいました。たとえ01でも所詮スーパーに置いてあるワイン、たいして期待してはいませんでしたが…。

La_castellina_cc01











続きを読む "LA CASTELLINA CHIANTI CLASSICO 2001"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

鶴沼バッカス 2005

さあ、いよいよ明日は鶴沼の2005ビンテージ発売日です!しかし、この年は北海道は暑すぎて良いビンテージではありません。なんと、今年話題になった鶴沼ミュラーは05ではリリースされません。そう、鶴沼基準を満たせなかったのです。残念です。
でも鶴沼はやはり北海道ワインのフラッグシップワイン。楽しみです。明日発売日なんですが、そう、待ちきれない私は発売日前に入手し(どうやって入手したかは後ほど)、今日開けてしまいました。まずはバッカスです。ミュラーがダメならバッカスがあります。バッカスはショイレーベとミュラーの交配種ですから、いわばミュラーの子供です。
道産バッカスの特長はなんといってもその香り!フローラルなまるでコロンを飲んでいるかのような花の香りが素晴らしいです。
さて、05の出来はいかに?
05









続きを読む "鶴沼バッカス 2005"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

CANTINA GALLURA CANAYLI VERMENTINO DI GALLURA 2005

先週金曜日に芋焼酎を飲み過ぎて、とんでもない二日酔いに見舞われてしまい、それ以来酒を断っていました。やっと体がワインを欲してきたので飲みました。一週間ぶりです。
ガッルーラ協同組合のカナイリというヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラです。最近私が気に入っている品種、ベルメンティーノ。比較的イタリア広範囲で栽培されていますが、サルディニア島とトスカーナのものが有名かもしれません。サルディニアのヴェルメンティーノはピエロ・マンチーニ社のを飲んでますが、その特徴はやはり豊かな果実味と口に中がカシカシするくらいのミネラル感。この協同組合のヴェルメンティーノも評判が良く、飲んでみたい1本でした。さて、ピエロ・マンチーニとはどのような違いがあるのでしょうか。
Canayli05







続きを読む "CANTINA GALLURA CANAYLI VERMENTINO DI GALLURA 2005"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

北海道 ミュラー・トゥルガウ 倶知安 完熟

昨日までの猛暑が嘘のように今日の北海道は涼しいです。昨日はあまりの暑さに定山渓温泉にあるホテルのプール(と言えば札幌の方はどこだかわかるでしょう)へ行ってきました。定山渓と言えば、必ず寄らなくてはならないのが、札幌から定山渓温泉に入る手前のところにあるサンクス!なぜか?実はここは札幌で唯一、ニセコ高原ワインを売っているお店なのです。しかも試飲できます。今回購入したこのワイン、ニセコ高原ワインではなく、倶知安のミュラーで北海道ワイン社が造ったものです。初めて見ました。ラベルにはブドウ生産農家の名前が書いてあり、倶知安町の差波農場、足立農場、細川農場で造られたものだそうです。ただしビンテージが不明です。
Photo











続きを読む "北海道 ミュラー・トゥルガウ 倶知安 完熟"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

Cantina Bolzano St. Maddalena SAUVIGNON MOCK 2006

暑いです。最近暑いので飲む量が増えてます。我が家のセラーからどんどんワインがなくなっていきます。でもいいんです。こう暑いとやっぱり冷えた白ワインを欲します。
という訳で、カンティーナ・ボルツァーノのサンタマッダレーナ・ソーヴィニヨン・モックです。2005は私のお気に入りで、イタリアの白では昨年度一番飲んだワインです。新ビンテージをとても楽しみにしてました。

06sauvignon_mock










続きを読む "Cantina Bolzano St. Maddalena SAUVIGNON MOCK 2006 "

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニッカウヰスキー 余市産ワイン ツバイゲルトレーベ ブラッシュ 2000

北海道も30℃超えの日が続いています。となるとはやり海!余市の海へ行ってきたので帰ってきてから開けました。余市産ワインです。といっても日本清酒株式会社の余市ワインではありません。なんと、ニッカウヰスキー産です。余市と聞けば、多くの方がワインよりニッカウヰスキーの事を思い浮かべるでしょう。この蒸留所は観光名所にもなっています。ここでワインも造られているとは、正直私も知りませんでした。副部長の小樽バイン土産でいただきました。
ブラッシュはロゼワインの製法のことで、黒ブドウを搾ってから発酵させたワインです。

2000









続きを読む "ニッカウヰスキー 余市産ワイン ツバイゲルトレーベ ブラッシュ 2000"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

Tenuta Sant' Antonio Valpolicella 2006

ヴェネト州のワインでは我が家の定番、サンアントニオ。ここの樽も、リパッソも使っていない、フツーのヴァルポリチェッラです。だいぶ前になりますが、お店でヴァルポリチェッラを飲んだ時の印象が悪く、モンティ・ガルヴィ以外は飲んでいなかったのですが、そこはサンアントニオ、きっとフツーのヴァルポリチェッラもフツーではないはず。
Sant_antonio_valpolichella06











続きを読む "Tenuta Sant' Antonio Valpolicella 2006"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

POGGIOPIANO M'ama non M'ama 2004

今日もじめっとした陽気ですが、なんとなくサンジョベーゼを飲みたくて開けてしまいました。ポッジョピアノのマーマ・ノン・マーマというワインです。この名前、花占いの「好き、嫌い」という意味なんだそうです。なんともメルヘンチックですねぇ~。ポッジョピアノはイタリアの有名な醸造家であるルカ・ダットマがコンサルティングしているワイナリーで、ここのキャンティ・クラシコは私も大ファンです。そのこのお手軽なテーブルワインにあたるのが、このマーマ・ノン・マーマです。好き?嫌い?どっちでしょう?
Mama_non_mama04











続きを読む "POGGIOPIANO M'ama non M'ama 2004"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

Tenuta Sant' Antonio Soave 2006

安くて美味しいワインを提供してくれるテヌータ・サンアントニオ。ここの安ウマ白ワイン、ソアヴェです。昨年2005年を飲んでいます。私がまだイタリアワインを全くしらない頃、イタリア料理のお店で頼んでいた白ワインがソアヴェでした。でもそれは美味しいからではなく、覚えやすい名前だったので、それしか知らなかった、ためです。その時の印象は薄くて酸っぱ苦いワイン。でも今は違います。その美味しいソアヴェの2006、出来が楽しみです。
06sant_antonio_soave











続きを読む "Tenuta Sant' Antonio Soave 2006"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

CIMA CANDIA DEL COLLI APUANI 2003

トスカーナの優良な白ワインの造り手として有名なチーマ(もちろん赤の質も高いです)。そのチーマのお手頃なライン、カンディア・デル・コッリ・アピュアニというワインです。チーマの畑はとても恐ろしいほど急な山の斜面にあります。急斜面ですから、機械は使えず全て手作業。大変な手間がかかってます。斜面なのでブドウ一つ一つに陽が当たるため糖度が上がり、標高が高いので寒暖差によって酸がしっかりし、地盤が大理石なのでミネラルたっぷり、そんな味わいを想像するのですが、果たしていかに。

Cima_candia_dei_colli_apuani03








続きを読む "CIMA CANDIA DEL COLLI APUANI 2003"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2005

まず、一部関係者の方々にはお詫び申し上げないとなりません。「2006の出来を確認する」と言ったのですが、我が家に眠っていたのはこの2005でした。すみません。2006の方はまたの機会に検討します。
さて、この2005の出来がいいのはわかっています。昨年12月に飲んでますから、それから7ヶ月の熟成。どのように変わったのでしょうか。

05_2









続きを読む "松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2005"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

ANTINORI SANTA CRISTINA 2005

久しぶりのトスカーナ赤です。お金がない時にはいつもお世話になっているアンティノリ社のサンタ・クリスティーナです。いつもお世話になっている、という割にはとても久しぶりです。というのも、04の印象が良くなかったため、しばらく手を出せずにいました。05の評判はそこそこ良いので試しに飲んでみることにしました。ちなみに2006も売ってます。

05santa_cristina










続きを読む "ANTINORI SANTA CRISTINA 2005"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »