« 北海道 ミュラー・トゥルガウ 倶知安 完熟 | トップページ | 鶴沼バッカス 2005 »

2007年8月23日 (木)

CANTINA GALLURA CANAYLI VERMENTINO DI GALLURA 2005

先週金曜日に芋焼酎を飲み過ぎて、とんでもない二日酔いに見舞われてしまい、それ以来酒を断っていました。やっと体がワインを欲してきたので飲みました。一週間ぶりです。
ガッルーラ協同組合のカナイリというヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラです。最近私が気に入っている品種、ベルメンティーノ。比較的イタリア広範囲で栽培されていますが、サルディニア島とトスカーナのものが有名かもしれません。サルディニアのヴェルメンティーノはピエロ・マンチーニ社のを飲んでますが、その特徴はやはり豊かな果実味と口に中がカシカシするくらいのミネラル感。この協同組合のヴェルメンティーノも評判が良く、飲んでみたい1本でした。さて、ピエロ・マンチーニとはどのような違いがあるのでしょうか。
Canayli05







産地:イタリア サルディニア

ブドウ:ヴェルメンティーノ

色:薄い黄緑色

香り:パイナップル、白桃

味:ブドウの甘味の後、やや強めの酸味を感じます。その後ヴェルメンティーノの特徴でもある独特の苦味が現れますが、さほど強くはありません。飲み込んだ後も酸味が続きます。ミネラル感もありますが、ピエロ・マンチーニ社のものほどではありません。苦味がそこそこで果実の甘味がしっかり感じられ、厚みもあり、やはり美味しいです。2時間くらいするとトゲのある酸味も落ち着き、良い意味で甘苦いワインになります。ヴェルメンティーノって甘さと苦味の中に、なんかこう、なんとも表現できない独特の味わいがあるのですが、私のような素人には上手く表現できません。

値段:2352円

個人の好みはあると思いますが、私はやっぱり、トスカーナより、サルディニアのヴェルメンティーノの方が好きです。トスカーナ産はどうしても私には苦味が強すぎて…。サルディニア産は苦味弱く、甘味前面なのでとてもフルーティーです。それとガッルーラの石灰質な土壌から生まれるミネラル感。素晴らしいです。カキやアサリなどの貝類にはピエロ・マンチーニ社を選ぶと思いますが、白身魚のグリルなどはこちらがあいそうです。イタリアの青い海の島ワイン、いいですよ。

|

« 北海道 ミュラー・トゥルガウ 倶知安 完熟 | トップページ | 鶴沼バッカス 2005 »

イタリア(サルディニア)」カテゴリの記事

コメント

ピエロ・マンチーニ社の方がお好みだったんですね。サライアというピエロ・マンチーニ社の3つあるヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラの真ん中のラインのものは、もうちょっと、濃厚で美味しかったですよ!
サルデーニャのヴェルメンティーノでは、サンタディ社のカーラ・シレンテが一番好みですのでお試し下さい。

投稿: マウリツィオ | 2007年8月26日 (日) 11時13分

マウリツィオ様
いつも情報ありがとうございます。
ピエロ・マンチーニ社にガッルーラが3つもあるとは知りませんでした。モトックス社では1種類しか取り扱ってないですね。これが下になるのでしょうか??サンタディ社のものを探して飲んでみます!
いや~、サルディニア、行ってみたいなぁ…。

投稿: アマ | 2007年8月26日 (日) 12時18分

モトックス社が扱っているのは、ガッルーラのベースのだけなんですよ!
泊まったホテル(La Mrdian Chia Laguna)には、ピエロ・マンチーニのラインが揃っており、毎晩、スプマンテから飲んでいました!!
サンタディ、見つけずらいですが、是非、一度お試しあれ!!

投稿: マウリツィオ | 2007年8月26日 (日) 21時02分

マウリツィオ様
あれでベースなんですね。上には上があるとは…。
サンタディのカーラ・シレンテ、見つけましたよ。早速手配しました!楽しみです。飲んだらご報告いたします。ありがとうございました!

投稿: アマ | 2007年8月26日 (日) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/7649164

この記事へのトラックバック一覧です: CANTINA GALLURA CANAYLI VERMENTINO DI GALLURA 2005:

« 北海道 ミュラー・トゥルガウ 倶知安 完熟 | トップページ | 鶴沼バッカス 2005 »