« 葡萄作りの匠 藤本 毅 レンベルガー 2004 | トップページ | 松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2006 »

2007年7月26日 (木)

ワインを飲んで暑い夏を乗り切ろう!大会

北海道も最高気温が25℃を超えるようになりました。いよいよ夏到来!札幌大通り公園では夏の風物詩、ビヤガーデンが開催されています。暑い日にはよく冷えた生ビール!と言いたいところですが、我々は違います。暑い夏こそ涼しげな白ワイン!という訳で今回はミュラー・トゥルガウとゲヴュルツトラミネールを中心に飲んでみました。
8th_wine_club




左から
①KELLEREI KARTERN Campaner GEWURZTRAMINER 2005
②十勝ワイン フィースト 白
③鶴沼トラミーナ 2004
④松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2006
⑤ニセコ高原ワイン 黄ぶどう酒
⑥MASCIARELLI VILLA GEMMA MONTEPULCIANO D'ABRUZZO CERASUOLO 2006
⑦EISWEIN MAINZER DOMHERR 2004(ドイツ)

以上、道産スパークリング1本、道産白3本、イタリア白1本、イタリアロゼ1本、ドイツアイスワイン1本の計7本(アイスワインは同銘柄でもう1本あるので、全部で8本)です。

今回はいつもよりちょっと少なめの7名が参加。
まずは十勝ワインのスパークリングワイン、フィーストで乾杯。
実は部会で泡物はこれが初!でも暑い日にはやっぱりいいです。
その後トラミネールを早く開かせたいため先に抜栓しそのまま冷蔵庫へ。
8th_club
←相変わらず愛用のライヨールちゃんにもて遊ばれ中の私…。



運ばれてくる料理に合わせるかたちで、
松原→MASCIARELLI→ニセコ→鶴沼&KARTERN→アイスワイン
の順番でいただきました。
最後のデザートのアイスワインは昨年2月の部会で飲んだ際に余った2本です。あれから約1年半の熟成です。

さて、泡物とデザートワインを除いた5本について、毎度のように10点満点で採点してもらいました。結果発表です!

1位:鶴沼トラミーナ 2004(8.71点)
2位:MASCIARELLI VILLA GEMMA MONTEPULCIANO D'ABRUZZO CERASUOLO 2006(8.5点)
3位:ニセコ高原ワイン 黄ぶどう酒(7.79点)
4位:KELLEREI KARTERN Campaner GEWURZTRAMINER 2005(7.57点)
5位:松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2006(6.71点)

鶴沼強し!でした。ですが今回は結構意見が割れてます。それぞれの嗜好の違いが面白いです。
マシャレッリのチェラスオーロも良かったです。肉料理にも負けない、濃いロゼです。これが道産ワインだったら赤ワインのカテゴリで売られるかも。
ニセコ高原ワインもよかったです。私は2回目ですが、落ち着きを見せてくれました。
イタリアのゲヴュルツは以前飲んだクレインシュタインもそうですが、難しい~。開き切れませんでした。こういう場には不向きなのかもしれません。
そして…、
松原がちょっと残念な結果でした。箱で飲んだ2006とは味わいが大きく違ってました。個体差かなぁ。

今回も楽しい会でした。特に私個人としてはゲヴュルツの奥深さを再認識しました。
まだ夏は始まったばかりです。
これからも白ワインを飲んで頑張りましょう!

|

« 葡萄作りの匠 藤本 毅 レンベルガー 2004 | トップページ | 松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2006 »

部会」カテゴリの記事

コメント

ワイン会やったんですねーーー良いなーー
ニセコもラインナップしていただきありがとうございます。ニセコは3位でしたかあ。甘さが強いので、女性には良いのでしょうね。あと松原が6位はびっくりですね。箱の松原は副部長様が送っていただき、毎日ちびちびうまい北海道うまい北海道、北海道北海道・・・と飲んでいたのに。箱とは違うのですかあー残念!
ライヨールで今度アムレンシス91お願いします。

投稿: 妖怪ポロト | 2007年7月27日 (金) 18時51分

妖怪ポロト様
部会、懐かしいでしょう~。
松原のボトル版はまだ我が家にあるので、もう一度確かめてみます。我々の保存方法が良くなかったのかもしれません。
ライヨールちゃんはかなりのじゃじゃ馬です(笑)。キャップシールを切る時、いつも同じ感覚で切っているつもりでも、すんなり上手く行く時もあれば、全くダメな時もあります。91開けるまでになんとかてなずけます。っていうか、自分の腕が悪いだけなんですけどね(苦笑)。

投稿: アマ | 2007年7月28日 (土) 09時34分

懐かしいです。ぜひまた、タイミングがあったときでも参加させていただきたいです。
ライヨール自分も練習しようと思います。アマさんほどの数のワインを空けれないのでうまくなるには時間がかかりそうですが・・・
では、また松原のボトルの状態など教えてください。91が今にも飛び出してきそうです。

投稿: 妖怪ポロト | 2007年7月28日 (土) 13時36分

先日は部会お疲れ様でした。
トラミーナ対決。
今回私は鶴沼にいまいちグッと来なかったんですよね。
すっきりさ加減でイタリアの方が好みでした。
同じ品種のブドウでも、ワインはタイプの異なるものといった印象です。
土地が違うとこんなに変わるものなのでしょうか。

私が今回最高点をつけたのはロゼです。
これは美味しかった!
こんなにしっかりしたロゼもあるんですね。
赤よりも爽やかなモンテプルチアーノを感じることが出来ました(と思います…)。
ロゼワインがますます気になる存在になりました。頑張れ、北海道!!

松原農園さんのミュラー、自宅のを確認されましたら感想をお聞かせいただきたいです。
セラーは必要ですね…

投稿: 副部長 | 2007年7月28日 (土) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/7287401

この記事へのトラックバック一覧です: ワインを飲んで暑い夏を乗り切ろう!大会:

« 葡萄作りの匠 藤本 毅 レンベルガー 2004 | トップページ | 松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2006 »