« Teresa Raiz Ribolla Gialla 2005 | トップページ | VILLA MATILDE FALERNO DEL MASSICO 2003 »

2007年5月 5日 (土)

Piero Mancini Vermentino di Gallura 2005

GWは毎度のことですが、実家に帰省してました。私の実家は道東の北見市の隣にある小さな田舎町。当然良いワインは売っていないのでいつもmy wineを持参します。
今回はピエロマンチーニ社のヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラという白ワインです。以前に同社のヴェルメンティーノ・ディ・サルディニアを飲んでいますが、今回のワインはその上のクラスです。ガッルーラはサルディニア島北部にある高原地区で島の中でも冷涼な気候なんだそうです。この地区のcucaioneという畑のヴェルメンティーノという品種で作られたワインです。 何故このワインを持参したか?実はある食材とあわせてみたかったからです。

Vermentino_di_gallura05










産地:イタリア サルディニア

ブドウ:ヴェルメンティーノ

色:薄い麦わら色

香り:柑橘系の中に花、さほど強くはない

味:優しいブドウの甘味に後半でほのかな苦味。そしてしっかりしているけど全くトゲのない酸味。それに加えてここのワインの特徴であるミネラル感。ほんのり塩気も感じます。余韻でも果実味が続きます。ヴェルメンティーノ・ディ・サルディニアと基本的な味の構成は変わりませんが、こちらの方がふくよかでより洗練された印象です。
で、何にあわせたかというと、「サロマ湖産カキ」です!北海道は今の時期でもカキが食べられます。北海道のカキといえば厚岸産が有名ですが、サロマ湖のカキはそれと比べると身は小粒ですが、味わいは濃厚です。今回は蒸して食べましたが、栗のような味わいを感じることができます。そのカキとの相性、完璧でした!ワインのミネラルとカキのミネラルが上手く相まって官能的な世界へ誘ってくれます。
1本じゃ足りなかった…。

値段:1800円

カキにはこのワイン、私の定番になりそうです。本来なら道産食材に道産ワインをあわせたいところなのですが、これほどミネラル、海を感じられる道産ワインには残念ながらまだ出会っていません。GWですから潮干狩りで採れたアサリのパスタ、ボンゴレ・ビアンコなんかにもいいだろうなぁ。ですが、輸入本数が少ないのか、購入時期がずれたのか、入手困難です。私は幸運にも東急で最後の1本をゲットできました。 まだ在庫あるかなぁ?

|

« Teresa Raiz Ribolla Gialla 2005 | トップページ | VILLA MATILDE FALERNO DEL MASSICO 2003 »

イタリア(サルディニア)」カテゴリの記事

コメント

イタリアワインと共に過ごす連休、そして、北海道の幸、贅沢ですね~(笑)
サロマ産カキとこのワインの組みあわせ大成功ですね。
選択眼が、我々のクラブ活動開始時と比較して磨かれてきたように思います。
今まで何本開けたでしょうね。

投稿: 副部長 | 2007年5月 9日 (水) 01時14分

副部長様
サルディニアのヴェルメンティーノしか飲んだことがありませんが、苦味が少なく、うちの女性部員にも受けそうな辛口白ワインですよ。他の州のと比べてみたいです。海を感じさせるワイン、いいですよ。

投稿: アマ | 2007年5月 9日 (水) 20時16分

夏に向けて、用意していこうかと思わせる魅力を感じます。
降り注ぐ太陽の下で楽しみたいな~

投稿: 副部長 | 2007年5月 9日 (水) 23時54分

副部長様
まさにそうですね。
でももう店頭にありません(涙)。
ネットで探せばあるかなぁ…。
ナカツカさんにお願いするとなんとかしてくれるかも(笑)。

投稿: アマ | 2007年5月10日 (木) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/6314497

この記事へのトラックバック一覧です: Piero Mancini Vermentino di Gallura 2005:

« Teresa Raiz Ribolla Gialla 2005 | トップページ | VILLA MATILDE FALERNO DEL MASSICO 2003 »