« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

FARNESE MONTEPULCIAO D'ABRUZZO CERASUOLO 2006

北海道のロゼを飲むとやはり飲みたくなります。イタリアのロゼ。安くて美味しいワインを造り出すファルネーゼのモンテプルチアーノ・ダブルッツォ・チェラスオーロです。以前部会で飲んだテッラ・ダリジと同じアブルッツォ州のモンテプルチアーノで造られています。ここもイタリアのロゼ天国なのでしょうか。

Farnese_cerasuolo06









続きを読む "FARNESE MONTEPULCIAO D'ABRUZZO CERASUOLO 2006"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

ロマンティック北街道ロゼ NV

今札幌ではライラック祭りが開催されています。そこではワインガーデンと称して道産ワインメーカーが出店し、グラスで道産ワインが楽しむことができます。本来であれば道産ワインを愛する者として私は行かなければならないのですが、なんせ天気が悪く外でワインを飲むには寒い!ですが、やはり飲まない訳にはいきません。おうちで道産ワインを開けました!十勝ワインのロゼです。
部会では山幸fresh sweetをいただきましたが、今回はこれです。この「ロマンティック北街道」シリーズは十勝ワインの中でも甘口シリーズとして出されていますが、ロゼは希少です。十勝ワインのホームページにもありません。いつもながら仕入れてくれた副部長様、ありがとうございます!

Photo_17









続きを読む "ロマンティック北街道ロゼ NV"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

Gualdo del Re Valentina 2004

久しぶりのおうちワインです。グアルド・デル・レの白ワイン、ヴァレンティーナです。ここの白ワインでは以前にエリゼオ・ビアンコを飲んでおり、実力は確認済みです。ブドウはヴェルメンティーノ。ヴェルメンティーノと言えば私の中ではサルディニアですが、トスカーナにもあります。果たして両者では味がどう違うのか確かめてみることにしました。

Valentina04











続きを読む "Gualdo del Re Valentina 2004"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

BARONE RICASOLI FORMULE 2004

またまたまたお店ワインです。今回は私の外勤先にほど近いチェルボというピッツェリアでいただきました。ここのピッツァも薪釜で焼き上げたものでとても美味しいです。店内でワインリストを眺めようとしたら、店員さんがリストにないワインを2本持ってきて見せてくれ、そのうちの1本です。バローネ・リカーゾリのフォルムレという赤ワインです。リカーゾリと言えばやはりキャンティ・クラシコが有名で部会でも飲んでいますが、このフォルムレはサンジョベーゼを使ったいわゆるテーブルワイン。お値段もお手頃なので私の好きなサンジョベーゼですから迷わずオーダーしてしまいました。(見づらい写真でスミマセン)

Formule04











続きを読む "BARONE RICASOLI FORMULE 2004"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

LIVON MULLER THURGAU 2005

またまたお店ワインです。どーしてもイタリア料理の魚が食べたくて食べたくて、その衝動を抑えられず、副部長をお誘いして行ってきました。私の大好きなイタリア料理店CCです。CC?すみません、本当の店名ではありません。そこはヒミツでお願いします。人気店ですので、これ以上有名になって「予約がとれないお店」になると困るので…。
さて、今回のお目当ては魚ですから、選ぶワインももちろん白。副部長が迷った末にたどり着いた1本です。しかも我々には馴染み深いミュラー。決してお安くはないですがイタリアのミュラーはなかなか手に入らないので奮発して今回試してみました。

Livon_muller










続きを読む "LIVON MULLER THURGAU 2005"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

北海道 オルテガ 2000

北海道ワイン社の貴重なワイン、オルテガです。このオルテガというブドウはドイツ原産の品種で北海道では鶴沼でのみ栽培されています。広大な鶴沼農園の小さな一区画でのみ栽培され、当然生産本数が少ないため、シリーズとしては販売されません。購入できるのは知っている範囲では工場か小樽バインのみ。しかし今千歳空港の酒屋さん「ノルディス」で幻のワインとして販売されています。副部長の仕入れで幻の味を確かめることができました。

2000











続きを読む "北海道 オルテガ 2000"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

NEIRANO La Cupola Pinot Nero 2005

久しぶりのお店ワインです。ネイラーノ社のラ・クポーラというワインです。
飲んだ場所は「トラットリア・ピッツェリア テルツィーナ」です。札幌ファクトリー内のいわゆるレストラン街にあるイタリアレストランですが、そこはやはりテルツィーナ、レベルが違います。
特にソムリエの宇野さんのサービスがとても素晴らしく、今回は宇野さんに3本セレクトしてもらい、その中から選んだ1本です。
実は、初のピノ・ネロです。ピノ・ネロ(仏語でピノ・ノワール)はあの超高級ワイン、ロマネコンティを造り出す品種ですが、栽培が難しいと言われています。近年フランス以外での栽培も増え、実は北海道でも山﨑ワイナリーが栽培に力を入れています。ですが、ピノ・ノワールはやはりフランスが一番!らしく、イタリアのピノはあまり良い評判を耳にしたことがありません。フランスワインはそもそも興味がありませんので、美味しいピノの味も知りませんし、飲んでみる気もありませんでした。しかし、あの十勝ワインの清見がブライドでよくピノに間違われるそうで(フランスのではなく)、「じゃぁ、いつか部会で清見 vs ピノをやってみよう」と興味は持ち始めていました。
そこで、今回は宇野さんが「イタリアのピノでもこれはとても美味しい」と自信を持って薦めてくれたのでそれを信じて飲んでみました。

Neirano_la_cupola05










続きを読む "NEIRANO La Cupola Pinot Nero 2005"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

ISOLA Chardonnay 2005

バローロという高級ワインを飲んでしまったので、しばらくはこれです。我々庶民の味方、紙パックワイン、イゾラのシャルドネです。以前飲んだロンコは5リットルですが、これは2リットル。周りの方々の評価が高かったので気にはなっていたのですが、シャルドネということだけでちょっと敬遠してました。しかし東急で試飲して味を確認し、想像以上に美味しかったので今回購入を決断。蛇口を押すとジョーっと出てくるこの楽しさ。癖になります。

Isola_chardonnay









続きを読む "ISOLA Chardonnay 2005"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

Giacosa Fratelli Barolo VIGNA MANDORLO 2001

GWを締めくくる1本、ジャコーザ・フラテッリ(ラベルではこう書かれてますが、何故か国内ではフラテッリ・ジャコーザと呼ばれます)のバローロ・ヴィーニャ・マンドルロです。マンドルロは畑の名前です。
バローロは「王のワインでありワインの王である」と言われるくらい世界的に有名なワインですが、値段も高く、そうなかなか飲めるワインではありません。が、このフラテッリは質が高いのに値段は低めに設定してくれている我々庶民の味方?です。
ちなみにこのバローロは3年連続でセレツィオーネ・カヴァリエーレという賞を獲得しています。この賞はピエモンテ州アルバに本拠地を置く「ヴィーニ・ダルバ」という協会が毎年優れたバローロに与える賞です。ラベルもこのセレツィオーネ・カヴァリエーレ用だそうでナンバリングしてあります。
このワイン、栓を抜くかどうかとても悩みました。

Giacosa_fratelli_barolo01









続きを読む "Giacosa Fratelli Barolo VIGNA MANDORLO 2001"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

VILLA MATILDE FALERNO DEL MASSICO 2003

ヴィッラ・マチルデのファレルノ・デル・マッシコという赤ワインです。このワイナリーの創始者は弁護士で、古代ローマの研究にも熱心な人だったそうです。その研究で古代ローマの詩を読んでいるうちに最上の美酒として讃えられている“ファレルノ”というワインの名に出会います。ですがその時にはもうすでにファレルノは生産されていませんでした。すると彼はなんと自分でこのワインを復活させることにしたのです。そしてマッシコ山脈の麓にある畑で栽培されたブドウで見事造り上げたのがこのワインです。もの凄い情熱です。もちろんこれが本当のファレルノの味かどうかは確かめる術もありませんが、ラベルを見て古代ローマ時代へ思いをはせながら楽しみました。

Falerno_del_massico03









続きを読む "VILLA MATILDE FALERNO DEL MASSICO 2003"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Piero Mancini Vermentino di Gallura 2005

GWは毎度のことですが、実家に帰省してました。私の実家は道東の北見市の隣にある小さな田舎町。当然良いワインは売っていないのでいつもmy wineを持参します。
今回はピエロマンチーニ社のヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラという白ワインです。以前に同社のヴェルメンティーノ・ディ・サルディニアを飲んでいますが、今回のワインはその上のクラスです。ガッルーラはサルディニア島北部にある高原地区で島の中でも冷涼な気候なんだそうです。この地区のcucaioneという畑のヴェルメンティーノという品種で作られたワインです。 何故このワインを持参したか?実はある食材とあわせてみたかったからです。

Vermentino_di_gallura05










続きを読む "Piero Mancini Vermentino di Gallura 2005"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »