« BARONE RICASOLI FORMULE 2004 | トップページ | ロマンティック北街道ロゼ NV »

2007年5月26日 (土)

Gualdo del Re Valentina 2004

久しぶりのおうちワインです。グアルド・デル・レの白ワイン、ヴァレンティーナです。ここの白ワインでは以前にエリゼオ・ビアンコを飲んでおり、実力は確認済みです。ブドウはヴェルメンティーノ。ヴェルメンティーノと言えば私の中ではサルディニアですが、トスカーナにもあります。果たして両者では味がどう違うのか確かめてみることにしました。

Valentina04











産地:イタリア トスカーナ州 スヴェレート地区

ブドウ:ヴェルメンティーノ

色:やや黄色味がかった麦わら色

香り:リンゴ、ロウ

味:まず、苦い!苦味の少ないブドウだと思っていたので意表を突かれました。酸味はしっかりしていますが、ロウぽっさが口の中でまとわりつき、果実味が隠れてしまってます。結局開くまで時間がかかりました。3時間ほどでやっと苦味とロウっぽさが落ち着き果実味が感じられるように。余韻ではさつま芋っぽさが感じられます。この余韻は嫌いではありません。
購入の際にはやしや商店の店長が「ヴェルメンティーノは造り手で全然味わいが違いますよね」と言っていたのですが、まさにその通り。個人の好みですが、私はサルディニアのヴェルメンティーノの方が好きです。ワインだけで味わうにはちょっとしんどいですが、苦味のある野菜とは相性がよさそうです。

値段:2200円(希望小売価格)

ピエロマンチーニのヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラとは全然味わいが違いました。面白いですね。次はチーマのヴェルメンティーノを飲んでみたいです。
ヴァレンティーナという名前なので、てっきりブドウのヴェルメンティーノと関係があるのかと思ったら、実はオーナーの娘さんの名前だそうです。

|

« BARONE RICASOLI FORMULE 2004 | トップページ | ロマンティック北街道ロゼ NV »

イタリア(トスカーナ)」カテゴリの記事

コメント

ヴァレンティーナはお嬢様のお名前ですか。
自分の名前をつけてもらえるなんて、素敵だなと思います。

「余韻ではさつま芋っぽさ」

さつま芋ときたら、芋焼酎をイメージしてしまう私。
ほのかに甘い感じ、でしょうか。
苦味とロウっぽさも特徴的ですね。
夏に向け、白ワインの報告が増えるのかなと楽しみにしています。

札幌ではライラックフェスティバルが開催中です。
大通公園のワインガーデンでは、道内のメーカー10社プラス1社、全11社のワイン43種類が楽しめますよ。
北海道のワインも頑張ってます!

投稿: 副部長 | 2007年5月26日 (土) 23時03分

副部長様
そうですね、芋焼酎好きな方ならわかってもらえると思いますが、ほのかな甘味に土臭さを感じます。ワインも芋焼酎も”農作物”だなぁとつくづく感じてしまいます。

本来でしたら十勝ワインバイザーの私もワインガーデンに行かねばならないのですが…。なんせこの天候ですので(苦笑)。残念です。

投稿: アマ | 2007年5月27日 (日) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/6561212

この記事へのトラックバック一覧です: Gualdo del Re Valentina 2004:

« BARONE RICASOLI FORMULE 2004 | トップページ | ロマンティック北街道ロゼ NV »