« Inama Vin Soave Classico 2005 | トップページ | GULFI Valcanziria 2005 »

2007年4月17日 (火)

第12回 北を拓く道産ワインの夕べ

今年もやってきました!道産ワイン最大のイベント「北を拓く道産ワインの夕べ」が4月16日、ホテルロイトン札幌で開催されました。今年で第12回目。私は昨年が初参加で、今回2回目となります。
この会は道産ワイン懇談会、日本ソムリエ協会北海道支部の主催で行われ、道内ワインメーカーに加え道内のチーズ、ハム・ソーセージメーカーも出店します。つまり道産のチーズとハム・ソーセージと道産ワインを楽しもう!というのがこの会の趣旨です。会費は4500円(前売り券4000円)です。

07






以下が出店していたワインメーカーです。

北海道ワイン株式会社:小樽市
株式会社 はこだてわいん:七飯町
池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(十勝ワイン):池田町
富良野市ぶどう果樹研究所(ふらのワイン):富良野市
余市ワイン(日本清酒株式会社):余市町
中央葡萄酒(株)グレイスワイン千歳ワイナリー:千歳市
山﨑ワイナリー:三笠市
(有)洞爺湖農産 月浦ワイン醸造所:洞爺湖町
ばんけい峠のワイナリー:札幌市
株式会社 宝水ワイナリー:岩見沢市
・マオイワイナリー:長沼町

計11社です。

すごいですねぇ。
ばんけい峠、宝水、マオイは今年が初です。特にマオイはワイナリーの存在を初めて知りました。
会場内に設けられた各メーカーのブースにグラスを持って飲んで廻るのですが、なんせ人が多い!多すぎ!700人くらいいたそうです。
各メーカーで3、4種類のワインを用意してあり、本当は全部制覇したいのですが、無理。
ということで、いつもお世話になっているメーカーははずして、飲んだことのないところを中心に飲みました。
お味は
「う~ん…」
と首をかしげる回数が多かったと思います。
感動するものには残念ながら巡り会えませんでしたが、これからに期待です。

会としてはとても楽しく、嬉しいのですが、なんせ人が多すぎます。
072
(←会場内はこんな感じ)



ホテルのブッフェスタイル料理も楽しめるのですが、皿を置くテーブルのスペースすらない状態です。皿を持って、ワイングラスを持ってうろうろしないといけません。さすがにホテルの人が追加でテーブルを用意してくれましたが、だったら初めから用意しておいて欲しかったです。
また、残念なことに飲みたいワインがあっても人気のものはすぐ品切れになってしまいます。
あるメーカーは30分で全て品切れ。
「お金払ってるのに、それはないんじゃない?」
って感じです。
もちろんメーカー側だけの問題ではないと思いますが…。

確かに道産ワインの良さを知ってもらうにはいい企画です。
が、
このような形で今後も開催されるなら、個人的にはもう行かないかなぁ。
大手さんのワインはだいぶ制覇したし。
生産者、メーカーの方々とお話ししたくてもワイン注いでもらうので精一杯。残念。

会は20時半で終了、なはずが20分にもうお開きのアナウンス。人が多いから仕方がないですけど、あまり気分が良いものではありません。
これだけの方々が道産ワインに興味を持っているんだというのは嬉しいですが、その反面ちょっとがっかりした会でした。

ちょっとがっかりしたのですが、お楽しみはこれから!
そう、二次会です!
今回は東京からM社のナカツカさんがお見えになっていたので、私と副部長とナカツカさんと、そしてナカツカさんのご紹介で月浦ワインの岸本さん、とそのお知り合いの方々、計6名で三次会まで行きました。
業界裏情報や、ワイン造りに対する熱い思い、これからの道産ワインの進むべき道など、といった話題で大いに盛り上がりました。
皆様、遅い時間までこんな素人とお付き合いいただきありがとうございました。
来年は一次会はパスして、二次会、三次会だけに出させてもらうかも知れません(苦笑)。

この1年で本当に多くの方々とお知り合いになれました。
去年の今頃はまさかインポーターさんや本の著者、生産者の方々とこうやって一緒にお話が出来るなんて想像すらしてませんでした。
人の輪も造る、ワインって本当に不思議で魅力的なものですね。

悔しいけど、三次会で飲んだボルドー、普通に美味かったです…。

|

« Inama Vin Soave Classico 2005 | トップページ | GULFI Valcanziria 2005 »

ワイン関係イベント」カテゴリの記事

コメント

私も2回目の参加。
人の多さに圧倒されました。
ワインのみならずチーズやハムも行列で、北海道の幸を満喫するには至りませんでした。残念。

でも、参加したおかげで、二次会以降貴重な時間を過ごすことができました。
ご一緒させていただいた皆様、今後ともど素人な私ですがよろしくお願いいたします。

北海道のワイン生産者が増え、手にする機会も増えてきました。
たくさん飲んで、仲間に紹介して応援。
そして、生産者の方の想いを拝聴できる会にも積極的に参加していきたいと思います。

投稿: 副部長 | 2007年4月18日 (水) 22時48分

お疲れ様でした。お会いできて良かったです。
でもなかなか私がお客様につかまって抜けれなくてすみませんでした。

また札幌行くときはよろしくお願いします。

投稿: ナカツカ | 2007年4月18日 (水) 23時46分

副部長様
お疲れさまでした。去年より全然飲めず食べれず、でしたね。次回は是非とも改善してほしいです。

投稿: アマ | 2007年4月19日 (木) 17時33分

ナカツカ様
楽しい時間をありがとうございました!
多くのお客様を大事にする姿勢は感心させられました。
貴社が1位に選ばれるのも当然な気がします。
是非是非またお越しの際はお声をかけて下さいね。
お疲れ様でした。

投稿: アマ | 2007年4月19日 (木) 17時38分

いえいえ、先にお約束していたのに申し訳ありませんでした。
最も大事なお客様だったので失礼してしまいました。

投稿: ナカツカ | 2007年4月19日 (木) 22時07分

いえいえ、結果的にはちゃんと楽しい宴を開くことができましたので何ら問題はございません。どうかお気になさらずに。
それにしても、羽幌まで行かれたとは…。凄いですね。

投稿: アマ | 2007年4月19日 (木) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/6124906

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回 北を拓く道産ワインの夕べ:

« Inama Vin Soave Classico 2005 | トップページ | GULFI Valcanziria 2005 »