« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月24日 (土)

Tenuta Marsiliana Birillo 2004

テヌータ・マルシリアーナのビリッロというワインです。このワイナリー、ワインのラベルを見ると見覚えのあるマークが。私の好きなレ・コルティと同じマークです。実はこのマルシリアーナはレ・コルティのオーナーであり有名な貴族でもあるコルシーニ家がトスカーナのマレンマ地区に造ったワイナリーなのです。
マレンマ地区のワインといえば、モレッリーノ・ディ・スカンサーノが有名です。このビリッロは違いますがレ・コルティでキャンティ・クラシコを造ってて、モレッリーノ(サンジョベーゼ)が造られている場所のワインですから、サンジョベーゼ主体のワインだろうと思い購入しました。
が、実際は…。
Marsiliana_birillo04









続きを読む "Tenuta Marsiliana Birillo 2004"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

Monchiero Carbone Sru Roero Nebbiolo 2003

またまたモンキエロ・カルボーネのスルー・ロエロ・ネッビオーロです。スルーは畑の名前で、ロエロはピエモンテ州の地区の名前、ネッビオーロはブドウの名前です。つまりロエロ地区にあるスルーという畑で栽培されたネッビオーロで造られたワインです。ネッビオーロと言えば、バローロにバルバレスコというワインが有名ですが、これらはピエモンテ州のランゲ地区で栽培されたネッビオーロから造られます。このランゲ地区と比べるとロエロはまだまだ無名な地区で、同じネッビオーロから高品質なワインを造っても、バローロやバルバレスコに比べると値段は全然安いです。これは消費者にとっては大変ありがたいです。バローロなんて、そう気軽に飲めませんから。
Monchiero_carbone_sru03







続きを読む "Monchiero Carbone Sru Roero Nebbiolo 2003"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おたる レッドナイヤガラ 2005

いつも色んなイタリアの情報を教えてくれるsaluteさんのブログを読んで急にロゼワインが飲みたくなり、開けてしまいました。イタリアのロゼワインはなかなか北海道では手に入りません。が、しかーし!北海道はロゼワイン天国です!北海道は残念ながら気候的にしっかりとした赤ワインを造りにくい土地ですが、その分ロゼは種類が多いです。特にキャンベルアーリは今は全道各地で栽培され、甘口ロゼワインとして仕立てられることが多いです。
今回はレッドナイヤガラといって、その名の通り、赤いナイヤガラから造られるワインです。余市を中心とした後志地方では古くからナイヤガラが食用・ワイン用として栽培されています。レッドナイヤガラはその枝から生まれた果皮の黒い突然変異種になります。まさに北海道が産んだロゼワイン用品種なのです。ちなみラベルの花は小樽市の花「ツツジ」です。
05_11








続きを読む "おたる レッドナイヤガラ 2005"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

Teresa Raiz Le Marsure Pinot Grigio 2005

フリウリでハイ・コストパフォーマンスワインを造り出すテレザ・ライツのピノ・グリージョです。ソーヴィニヨン・ブランに次いで2本目です。ピノ・グリージョは、あの超高級ワインロマネ・コンティを造り出すピノ・ノワールというブドウの突然変異です。果皮がグレーがかっているので「グレー色のピノ」ということで、フランスではピノ・グリ、イタリアではピノ・グリージョと呼ばれています。この品種はフリウリを代表する白ワイン用品種となっています。
05teresa_raiz_pinogrigio









続きを読む "Teresa Raiz Le Marsure Pinot Grigio 2005"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

Gualdo del Re Eliseo bianco 2004

トスカーナの西岸地区、スヴェレートにあるグアルド・デル・レというワイナリーのエリゼオ・ビアンコです。以前ロッソを飲んでますが、今回はその白です。なんと、実は初のトスカーナの白です。白はどうしてもアルト・アディジェやフリウリといった北の物を選んでしまい、中部までなかなか南下できません。本当にイタリアは種類が多すぎます。スヴェレートも夏は暑くなるらしいので、酸の具合がどうなのか気になります。
04gualdo_del_re_eliseo_bianco










続きを読む "Gualdo del Re Eliseo bianco 2004"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

San Fabiano Calcinaia Chianti Classico 2004

サン・ファビアーノ・カルチナイアのキャンティ・クラシコです。前回飲んでいるキャンティ・クラシコ・リゼルヴァはチェローレという畑のブドウから造られますが、このノーマル・キャンティ・クラシコはサン・ファビアーノという畑で栽培されているサンジョベーゼから造られています。前回の部会でリゼルヴァを飲みその実力を思い知らされました。これも期待大です。
Sanfabiano_chianti_classico04










続きを読む "San Fabiano Calcinaia Chianti Classico 2004"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2004

当ワインクラブの道産ミュラー対決で見事1位に輝いた松原農園。その時のワインは2005でしたが、今回はそのバック・ヴィンテージである2004年を飲んでみました。松原農園のワインは直接農園へ行くか、電話で注文しないと購入できないのですが、なんと今なら本数限定でこの2004が新千歳空港の酒屋さんで買えちゃいます。月浦ミュラーのところでも書きましたが、私の個人的見解としてはミュラーの飲み頃は3年まで。果たして松原も同じでしょうか?
04








続きを読む "松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2004"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

Cantine Ronco Bianco

部会でいいワインを沢山飲んだので、その後はしばらくこれです。ロンコのビアンコ(白)です。すでにロッソ(赤)を開けてますが、約1ヶ月たった今でもまだあります。なかなか減りません。やはり5リットルは果てしないです。写真では右がロッソ、左がビアンコで、なかなか壮観な眺めです。
Ronco_bianco









続きを読む "Cantine Ronco Bianco"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »