« Cantine Ronco Bianco | トップページ | San Fabiano Calcinaia Chianti Classico 2004 »

2007年3月 8日 (木)

松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2004

当ワインクラブの道産ミュラー対決で見事1位に輝いた松原農園。その時のワインは2005でしたが、今回はそのバック・ヴィンテージである2004年を飲んでみました。松原農園のワインは直接農園へ行くか、電話で注文しないと購入できないのですが、なんと今なら本数限定でこの2004が新千歳空港の酒屋さんで買えちゃいます。月浦ミュラーのところでも書きましたが、私の個人的見解としてはミュラーの飲み頃は3年まで。果たして松原も同じでしょうか?
04








産地:北海道 蘭越町

ブドウ:ミュラー・トゥルガウ

色:薄い麦わら色

香り:リンゴに若干柑橘系

味:まずはブドウの甘味がきます。そこからかすかな苦味、後半から余韻にかけて酸味を感じます。”甘味と酸味の絶妙なバランスの中にアクセントとしてのかすかな苦味”がミュラーの特徴だと思っていますが、今回もその通り。ですが、2005にあった程よい酸味がやや弱いです。甘味と酸味のバランスがやや崩れ、苦味もアクセントになりきれず、どこか焦点がぼけたような印象です。ミネラル感やコクも物足りない気もしますが、それでもやっぱり「道産ミュラーはうまいなぁ」と思わせるには十分なワインです。

値段:1600円

やっぱり3年までが飲み頃だと思います。味わいは2005の方が勝ります。2004と言えば道内では台風の被害が大きかった年。その影響もあるでしょう。またアルコール度数が10%に満たないため、飲みやすい分強さは感じません。ですので、やはり寝かせて楽しむワインではないと思います。天候に恵まれた2006に期待大です。

|

« Cantine Ronco Bianco | トップページ | San Fabiano Calcinaia Chianti Classico 2004 »

北海道(松原農園)」カテゴリの記事

コメント

松原農園さんのワインを購入するには、新千歳空港が一番の品揃えですね。

2005ミュラー・トゥルガウはなんと2006年国産ワインコンクールで奨励賞を受賞しています!
2004は以前のコンクールに出品されていたかわかりませんが、2005の良さはここにも表れているようです。
2006にも期待が高まってきました!

投稿: 副部長 | 2007年3月 8日 (木) 22時38分

副部長様

新千歳空港の酒屋さんは「ノルディス」という名前です。きちんと紹介しないといけませんね。http://www.north-wind.ne.jp/~nordis/
ノルディスで販売されている松原農園は2004しかありません。できれば毎年売って欲しいんですが…。
奨励賞受賞は知りませんでした。飲んで納得です。

投稿: アマ | 2007年3月10日 (土) 10時23分

 ご無沙汰しています。
松原農園のミュラー2005年、先日、黒松内でチーズホンデュと共にたっぷりと飲みました。と言うか、初めて飲んだのですが、一緒に出ていた「おたるワイン」のケルナーと比べると、その差は歴然。品種の差もあるのでしょうが、凝縮感や果実実が違いました。松原ばっかり飲んでました。
新千歳に売っているとは知りませんでした。火曜日に行ったばかりだったのに・・・。今度、行ったら探してみます。

投稿: キャンティファーム | 2007年3月16日 (金) 18時47分

キャンティ・ファーム様
お久しぶりです!
チーズ・フォンデュとも相性良さそうですね。
私も同じ状況でしたら、きっと松原ばかり飲んでたと思います(笑)。蘭越の畑のテロワールを考えて、後志地方では多く栽培されているケルナーは植えていない、というのも素晴らしいです。
早くワイナリーが出来るよう、飲んで応援したいと思います。

投稿: アマ | 2007年3月17日 (土) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/5616564

この記事へのトラックバック一覧です: 松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2004:

« Cantine Ronco Bianco | トップページ | San Fabiano Calcinaia Chianti Classico 2004 »