« Melini Chianti Classico Riserva 1999 | トップページ | San Fabiano Calcinaia Cellole Chianti Classico Riserva 2003 »

2007年2月24日 (土)

Barone Ricasoli Rocca Guicciarda Chianti Classico Riserva 2001

歴史の長い由緒あるキャンティ・クラシコの造り手、バローネ・リカーゾリのリゼルヴァです。ロッカ・グイッチャルダという名前です。昨年キャンティ・クラシコのセカンドであるブローリオを飲みましたが、その重厚な味わいはしっかり脳裏に焼き付いています。
そんなリカーゾリ家のサンジョベーゼ100%で造られたリゼルヴァですから、期待大です。
しかもこの派手でゴージャスなラベルも目を引きます。
とろでRicasoliは”リカーゾリ”や”リカソリ”と日本語で書かれてますが、一体どっちがイタリア語の発音に近いのでしょう??

Rocca_guiccarda01










産地:イタリア トスカーナ州 ガイオーレ・イン・キャンティ地区

ブドウ:サンジョベーゼ 100%

熟成:小樽と一部大樽で20ヶ月

色:グラスの底が見えないくらい濃いガーネット

香り:ベリーと若干樽

味:凝縮された果実味がドーンときます。タンニンもどっしりしてますが、まだ少し硬め。湿った木綿のカーゼのような舌触りです。とにかく酸が綺麗。うまく全体を包み込みます。ミネラルも感じます。余韻でも柔らかい酸味は長く、果実味と絡み合いながら続きます。うまい!って唸っちゃいました。これまた意外に樽臭はブローリオの方が強いです。

値段:2598円

これもあと3年以上は寝かせられるのではないでしょうか。平均8.67点。100点満点に換算すればヴェロネッリの評価と同じ点数になります。ちなみに、私は満点つけちゃいました。タンニンの荒さがまだ少し残ってますが、それでもあの酸はすばらしいです。
部員の方々のコメントは「ガツンときて美味しい」「凝縮感が素敵」「嫌な苦味のないいい余韻」とありました。
ずっしりときて、でも果実味が豊かでただの苦酸っぱい赤ワインではない、そんなところがみなさんに評価されたようです。
値段は今回は皆さんに教えませんでしたが、びっくり価格です!コストパフォーマンスも高いリゼルヴァです。
最上のキャンティ・クラシコ、カステッロ・ディ・ブローリオをますます飲んでみたくなりました。

|

« Melini Chianti Classico Riserva 1999 | トップページ | San Fabiano Calcinaia Cellole Chianti Classico Riserva 2003 »

イタリア(トスカーナ)」カテゴリの記事

コメント

見た目から豪華なワインで、強く印象に残りました。
メリーニと同じくらいの価格ですが、こちらの凝縮感はすばらしかったですね。
お肉の料理(名前が出てきませんが)と美味しくいただきました。
リゼルヴァでもこの価格で納得の一本に出会えるとは、とても幸せな発見です。

投稿: 副部長 | 2007年2月27日 (火) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/5470929

この記事へのトラックバック一覧です: Barone Ricasoli Rocca Guicciarda Chianti Classico Riserva 2001:

« Melini Chianti Classico Riserva 1999 | トップページ | San Fabiano Calcinaia Cellole Chianti Classico Riserva 2003 »