« 北島秀樹 ケルナー 2005 | トップページ | Melini Chianti Classico Riserva 1999 »

2007年2月22日 (木)

山﨑ワイナリー ケルナー 2005

三笠市にある家族経営のドメーヌ、山﨑ワイナリーです。ここはピノ・ノアールやシャルドネといった北海道では栽培が難しい国際品種に力を入れているワイナリーとしても知られるようになってきました。以前にバッカスを飲みましたが、同じ空知管内の鶴沼にはない、とても厚みのある味わいが印象的でした。今回のケルナーも余市産とは違った味わいを感じさせてくれるのでしょうか?

05_1











産地:北海道 三笠市

ブドウ:ケルナー

色:薄い黄緑色

香り:若干花の香りがするが、発酵臭が前面にでる

味:まず瓶内発酵による炭酸ガスのためファーストアタックがピリピリします。柔らかい甘味と酸味のバランスがとてもいいです。両方とも余韻でも続きますが、最後に残るのは酸味。北島さんよりは長めです。麹臭さがあるため、どことなく日本酒のニュアンスもあります。そしてやっぱり”ふくよか”です。ボディがしっかりしてます。生エビにもOKでした。素直に「美味しい」と言えるケルナーです。あと2年くらいは寝かせても大丈夫かも。

値段:2520円

北島さんと違って苦味がなく甘味が程よいというのが高得点につながったようです。北島さんの方が点数が高かった人は私を含め3名でした。この辺は個人の好みの差ですね。やっぱり粘土質が効いてるような気がします。この厚みのある味わいは北海道ワイン社とは同じ品種でも明らかに趣を異にします。やっぱりワインはテロワールですね。楽しいです。

|

« 北島秀樹 ケルナー 2005 | トップページ | Melini Chianti Classico Riserva 1999 »

北海道(山﨑ワイナリー)」カテゴリの記事

コメント

私は舌に感じるピリピリ感がちょっと苦手。
食事とあわせるには少し甘みが強いように思いました。生エビとの相性が意外と良かったのがびっくり。
ピリピリ感が少なければ、ワインだけで楽しみたいと思う私好みな一本でした。

投稿: 副部長 | 2007年2月22日 (木) 23時35分

副部長様
抜栓後すぐ消えてなくなると思ったら、結構いつまでもピリピリしてましたね。それだけ酵母がしっかりしてるって言うことでしょうか。
これはまだフジヰさんで手にはいるのかな?

投稿: アマ | 2007年2月24日 (土) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/5448760

この記事へのトラックバック一覧です: 山﨑ワイナリー ケルナー 2005:

« 北島秀樹 ケルナー 2005 | トップページ | Melini Chianti Classico Riserva 1999 »