« 月浦ワイン醸造所訪問 | トップページ | 月浦ワイン ドルンフェルダー 2001 »

2007年2月18日 (日)

月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2002

月浦ワイン醸造所で購入した1本です。販売されている中で一番古い物を選びました。2005の味わいは一言で言うと濃い!道産ミュラーではおそらく一番の濃さでしょう。この火山灰土壌のミュラーがはたして何年もつのか確かめてみました。ラベルのデザインもユニークです。
02









産地:北海道 洞爺湖町 月浦

ブドウ:ミュラー・トゥルガウ

色:ほとんど無色透明

香り:発酵臭。プロセスチーズ

味:果実味を感じますが、ややぼけた感じです。苦味は若干ありますが、酸味は弱く余韻も短め。麹のような香りが鼻につきます。甘口の日本酒のようなニュアンスも若干感じます。あの2005の酸味と濃さは感じられませんでした。飲み頃は過ぎてました。残念。

値段:2100円(500ml)

ミュラー自体そんなに長熟させるブドウではないのでしょうね。これはこれで飲みやすいワインだとは思いますが、2005が良すぎでした。この発酵臭は同じでしたので、これが月浦ミュラーの一つの特徴かもしれません。北海道ワインの北海道シリーズもそうでしたが、自分としてはミュラーの熟成は3年が限界かもしれません。

それにしても…、高いです。値段相応の価値があるかと言うと難しいところです。フルだと松原が2本買えますから…。
今後に期待です。

|

« 月浦ワイン醸造所訪問 | トップページ | 月浦ワイン ドルンフェルダー 2001 »

北海道(月浦ワイン)」カテゴリの記事

コメント

月浦ワインの岸本さんとは仲良くさせていただいています。
彼の情熱はほんとにすごく、そのうち北海道で最も美味しいワインを造ってくれると思っています。
一度畑も見に行きたいです。

投稿: ナカツカ | 2007年2月18日 (日) 16時34分

ナカツカ様
いつもありがとうございます。
ミュラーはライバルが多いので「北海道で最も美味しいワイン」というよりは「月浦らしさを感じる美味しいワイン」を私としては目指して欲しいです。でも赤のドルンフェルダーは月浦だけですので、「北海道で最も美味しい赤ワイン」と称される可能性は高いかもしれません。十勝ワインにはない”濃さ”は魅力です。

投稿: アマ | 2007年2月18日 (日) 21時31分

ナカツカ様の親しい方が月浦ワインにいらっしゃるんですね!
直接ワイン作りについてお話を伺ってみたいです。

2006のブドウの出来は、どうだったんでしょうね。発売が今から楽しみです。

投稿: 副部長 | 2007年2月20日 (火) 01時20分

副部長様
2006はもう既に販売されてますよ。でもワイナリーでは品切れでした。ちなみにドルン・フェルダー2006(樽熟なし)は国産ワインコンクール銅賞、ミュラー2006は奨励賞を受賞しています。出来は良さそうですね。三越と千歳空港にあるか要チェックです。

投稿: アマ | 2007年2月21日 (水) 23時29分

2006、もう発売していましたか?
国産ワインコンクールの受賞は2004だと思っていました。あれれ?

投稿: 副部長 | 2007年2月22日 (木) 23時01分

副部長様
訂正です。2006はまだ未発売でした。2006年の国産ワインコンクールで2004年のミュラーが奨励賞、同年のドルンが銅賞でした。2003年のミュラーは2005年の国産ワインコンクールで銅賞を受賞しています。
失礼いたしました。
2004は千歳空港で購入可能です。

投稿: アマ | 2007年2月24日 (土) 16時45分

千歳空港はさすが北海道の窓口。なかなかの品揃えですね。

投稿: 副部長 | 2007年2月27日 (火) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/5391059

この記事へのトラックバック一覧です: 月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2002:

« 月浦ワイン醸造所訪問 | トップページ | 月浦ワイン ドルンフェルダー 2001 »