« 月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2002 | トップページ | 新年会「北海道白とイタリア赤の饗宴」 »

2007年2月18日 (日)

月浦ワイン ドルンフェルダー 2001

こちらも月浦ワイン醸造所で購入した1本です。やはりミュラー同様このドルンも2005は濃い印象です。2001はここでしか買えません。ドルンフェルダーはドイツで造られた比較的新しい品種で、国内でワインとして造られているのはこの月浦だけです。赤用の品種をいくつか試してみたところ、このドルンが一番良く成長したそうです。まさに月浦にあった品種ということが言えると思います。さて熟成の進んだ2001はどんな味わいでしょう?
01









産地:北海道 洞爺湖町 月浦

ブドウ:ドルンフェルダー

色:かすかにグラスの底が見える濃いガーネット

香り:ベリー系、コルク臭、アルコール

味:最初に酸味から入ってきます。その後やや薄い果実味を感じ、その後もまた酸味が現れます。酸味と果実味が重なって、味わいは濃いんですが、重くはありません。タンニンも強くはなくマイルドな味わいです。不思議なブドウです。これは樽を使っているようなのですが、香りは感じません。余韻ではブドウの皮の味が続きます。酸はきれいです。コルク臭が残念。

値段:2400円(ハーフ)

やっぱり値段がネックだなぁ。フルでこの値段ならいいのですが…。ドルンフェルダーは樽熟あり、なし、の2種類があります。これくらいの濃さがあるのなら、私はやっぱりもう少し樽の味わいが欲しいです。今後の課題でしょうか。でもミュラーもそうですが、「これが月浦!」って感じは出てます。今のところ両方とも2005がオススメです。

|

« 月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2002 | トップページ | 新年会「北海道白とイタリア赤の饗宴」 »

北海道(月浦ワイン)」カテゴリの記事

コメント

ドルンフェルダー、樽熟と樽熟なしを飲み比べてみたいです。どちらが私好みかな。
北海道を代表する赤ワインとなって欲しいですね。
まだまだ道内でも知名度はそう高くはないと思いますので、まずは友達に広めていきます!

投稿: 副部長 | 2007年2月20日 (火) 01時31分

副部長様
樽熟させたものはフルだと5000円越えちゃいます。美味しいキャンティ・クラシコが2本買えるんですねぇ。そういう比較は良くないかもしれませんが、しかもアムレンシス1999よりも高い!このワインの場合、やっぱり価格がネックです…。

投稿: アマ | 2007年2月21日 (水) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/5396371

この記事へのトラックバック一覧です: 月浦ワイン ドルンフェルダー 2001:

« 月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2002 | トップページ | 新年会「北海道白とイタリア赤の饗宴」 »