« アムレンシス 1999 | トップページ | 北海道ミュラー・トゥルガウ スパークリング »

2007年1月24日 (水)

Toffali Rubi 2005

十勝ワインの余韻冷めやらず、帯広から帰宅したら注文していたワインが届いていたため、飲んでしまいました。
トッファリというワイナリーのルビというワインです。イタリア アブルッツォ州で造られているワインですが、アブルッツォはモンテプルチアーノというブドウからとても美味しく、しかも安いワインを造ってくれます。まさに”安うまワイン天国”です。いつもお世話になっているはやしや商店店長のオススメもあってデイリー用に購入しました。
このワイナリーの情報はあまりないのですが、なんでも「消費者が望んでいる高品質でリーズナブルなワインを造る」というのがこのワイナリーの目指すワインだそうです。
確かにリーズナブルなので、まとめて6本買っちゃいました。
Toffali_rubi2005







産地:イタリア アブルッツォ州

ブドウ:サンジョベーゼ 50%、モンテプルチアーノ 40%、メルロー 10%

色:その名の通り、ルビーかと思いきや、やや紫がかったガーネット

香り:とてもジャミーなベリー系

味:豊かな果実味を感じ、そこに酸もきちんと溶け込んでいます。後半では若干ですがカカオのようなビターなニュアンスも感じモンテプルチアーノの片鱗を伺い知ることができます。余韻では酸と果実味が続きますが、なんとなく水で薄めたような果実味が続くような感じでやや物足りないです。全般的に塩気を感じます。樽熟させていないので、フレッシュなライト~ミドル・ボディなワインです。和風のパスタにも合いそうです。

値段:882円!(はやしや商店価格)

個人的にはちょっと塩気が気になります。畑の場所がわからないのですが海側なんでしょうか?でも香りもいいですし、値段を考えたら十分な味わいです。このセパージュは今や安うまワインの黄金比率かもしれません。6本、あっという間になくなりそうです。
このワイナリーはエンメ・エンメというモンテプルチアーノ・ダブルッツォもあり、そちらも飲んでみたいです。「安うまモンテプルチアーノ・ダブルッツォ大会」という企画もいいかも。

|

« アムレンシス 1999 | トップページ | 北海道ミュラー・トゥルガウ スパークリング »

イタリア(アブルッツォ)」カテゴリの記事

コメント

このワイン、6本購入ですか!
毎晩飲めますね(笑)

モンテプルチアーノとサンジョベーゼの組み合わせ、よく見かけますよね。
安うまワインは大歓迎。
またご紹介ください。

ところで、10%のメルローは主張していましたか?

投稿: 副部長 | 2007年1月24日 (水) 22時39分

副部長様
そうなんです、まとめ買いしました。
でも毎晩飲んだら1週間しかもちません(涙)。
なのでほどほどにします。

飲んだときはセパージュを覚えていなくて、「あれ、これなんだっけ?」と考えながら飲みました。サンジョだけじゃない、モンテプルチアーノだけじゃない…、この果実味はやっぱりメルロー?」なんて考えていました。
なので、メルローは少し主張してたみたいです。私の嫌なまったり感はそんなにないですよ。
それより塩気が…。

投稿: アマ | 2007年1月24日 (水) 22時56分

早速のご回答、ありがとうございます。
メルローが入っていることを知ると、なんとなく構えてしまうようになってしまいまして。
このワインなら、そう気にすることはなさそうですね。
塩気はどこからやってくるんでしょう?
飲んだことがある方がいらっしゃったら、感想を聞いてみたいところです。

投稿: 副部長 | 2007年1月24日 (水) 23時08分

副部長様
素人考えですが、アブルッツォも海に面してますので、潮風が流れる海が見える小高い丘に畑があるのかなぁ、なんて考えるんですけどね。なんせどこに畑があるのかわかりませんんで知っている方がいらっしゃったら教えて欲しいです。
でももしそれが間違いじゃなかったら、その塩気もまたいいもんです。ワイン飲んで情景が浮かぶんですから。

投稿: アマ | 2007年1月24日 (水) 23時24分

このワインも川頭さんの紹介です。
珍しく安いワインの紹介でしたが、なかなか重宝しております。
エンメ・エンメもぜひお試し下さい。
ちなみにこのラベルは当社で選びました。
エンメ・エンメのMはモトックスを引っ掛けています。

投稿: ナカツカ | 2007年1月26日 (金) 12時59分

ナカツカ様
コメントありがとうございました。
このワインはジョヴァンナイトでも出されてたみたいですね。
ラベルにもインポーターさんが関わるんですね。業界裏事情?が知れて楽しいです。

それと…、サンタ・マッダレーナのミュラー、なんとかして手に入らないでしょうか?川頭さんのスーツケースの中に1本忍ばせて…。
お願いしてみて下さい(笑)。

投稿: アマ | 2007年1月26日 (金) 17時15分

初投稿です
ご無沙汰しております^^
お二人とも揃ってメルロー苦手なのですか?もしかしてパルメも(??)?
イタリアン・メルローだけが駄目ですか?
モンテベトラーノお嫌いですか?

投稿: valtellina | 2007年1月31日 (水) 13時05分

valtellina様
コメントありがとうございます。そういえば”初”だったんですね(笑)。
メルローはですね、ワインを飲み出した頃二人で仕事帰りに、ふと寄ったバーで飲んだニューワールド(記憶が定かではありません)の100%を飲んだんです。その時の印象が悪く、それ以来メルローが入っているイタリアワインを飲むと、時々その時の嫌な感じにあたってしまうんです。もちろん全てがそうではありません。レ・クーポレ飲んだときは「これ本当に半分メルローなの?」って感じでしたし。
本当は美味しいメルローを飲めばその嫌な味の記憶は消え去ると思いますが、なんせイタリアン・メルローは高いですから、私のような小作人には手が届きません(モンテベトラートも)。
それと今はイタリアの土着品種を勉強中(ただ飲むだけですが)ということもあって、メルロー100%のワインは飲むことはありません。
お財布と舌が肥えてきたらチャレンジしようと思います。その時は是非安くて美味しいイタリアン・メルローをご紹介下さい。

投稿: アマ | 2007年1月31日 (水) 17時39分

そうでしたか…
最初に残念な思いをしてしまうと厳しいかもしれませんね。
かく言うわたくしも、サンテステフのカベルネ・フランが酷く駄目でして、ワインスクール時代は銘柄もヴィンテージも微量な畑のパーセンテージもピタリと当てていました。
人間、嫌いな香りや味には敏感になりますものね。
どうかアマ様、副部長様が幸せなメルローに出会いますように^^甘ったるくなくて美味しくて安いイタリアン・メルロー探してみます!(多分フリウリとか酸の綺麗に出る地域にあるかも)。しかしながら私もイタリアの良さは土着葡萄とテロワールにあると思いますのでレ・クレーテのフミンも好きです^^
因みにおそらく塩分はミネラルでしょうね。
ボルゲリ等もそうですが、沿岸部の土壌には海水のミネラルが含まれているので強く感じてしまう事もあるようです。メルローの鉄っぽい味わいが増幅させたのでしょうか^^

投稿: valtellina | 2007年1月31日 (水) 23時46分

valtellina様
ありがとうございます。
valtellinaさんにもそういうことがあるんですか…。なんだか少し安心しました(笑)。
フミンはまだ未知の世界です。本当にイタリアの品種は果てしないですね。でも頑張って飲み続けます!

投稿: アマ | 2007年2月 1日 (木) 17時41分

According to my own investigation, millions of persons in the world get the mortgage loans at various banks. Hence, there's a good chance to receive a term loan in any country.

投稿: CharlotteFrost21 | 2012年7月 7日 (土) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/5062379

この記事へのトラックバック一覧です: Toffali Rubi 2005:

« アムレンシス 1999 | トップページ | 北海道ミュラー・トゥルガウ スパークリング »