« Recit Roero Arneis Monchiero Carbone 2005 | トップページ | MASI Campofiorin 2003 »

2007年1月 2日 (火)

Rossoibleo GULFI 2005

グルフィ社のロッソイブレオという赤ワインです。
中部~北イタリアのワインしか飲んでいないのですが、今回珍しくシチリアのワインです。
イタリアに限らず南の温暖な気候のワインにはカラメルのような濃厚でべたつくような甘さのイメージが強いため、いつも敬遠してしまいます。
ですが、このグルフィは評価が高く、昨年試飲会で飲んだときも、”南の島のワイン”という印象は全くありませんでした。
今回改めてきちんと飲んでみたくなり、試しました。
Rosso_jbleo05








産地:イタリア シチリア州

ブドウ:ネロ・ダボラ

色:オレンジがかったガーネット。さほど濃くはない。

香り:ベリー系、花、かすかにハーブのような

味:抜栓直後は酸がトゲトゲしく果実味の前面に出てしまいます。ですが、時間が経つにつれ、その酸味は丸みを帯び、果実味も段々膨らんできます。タンニンはさほど強くもなく、カラメルのような濃厚な甘さはありません。酸味が余韻までしっかりしているため料理とともにどんどん進むワインです。トマトソース系のパスタにはピッタリでしょうね。トラットリアでオンリストされてたら選んで間違いのないワインだと思います。

値段:2100円(希望小売価格)

シチリア原産の白ブドウではカリカンテというのがあります。もちろんグルフィでも白ワインを造ってますので、これも近いうちに飲んでみたいと思います。
それにしても、イタリアワインは果てしない!

|

« Recit Roero Arneis Monchiero Carbone 2005 | トップページ | MASI Campofiorin 2003 »

イタリア(シチリア)」カテゴリの記事

コメント

ネロ・ダボラ、以前選択を失敗したことがあります。何でもそうだと思いますが、事前調査は重要ですね。
シチリア原産の白ブドウ、カリカンテですか!
イタリアワインは果てしなくてワクワクします。

投稿: 副部長 | 2007年1月 3日 (水) 20時58分

副部長様
グルフィだけでも沢山種類があるんです。
シチリアのテロワールを知るにはもっと飲まないといけません。
やっぱり果てしない…。

投稿: アマ | 2007年1月 3日 (水) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/4768885

この記事へのトラックバック一覧です: Rossoibleo GULFI 2005:

« Recit Roero Arneis Monchiero Carbone 2005 | トップページ | MASI Campofiorin 2003 »