« おたる セイベル13053 2004 | トップページ | 十勝ワインで新年会 in 帯広 »

2007年1月14日 (日)

おたる初しぼり 微発泡ワイン ミュラー・トゥルガウ 2006

またまたおたるシリーズです。今回はミュラー・トゥルガウの微発泡ワインです。ミュラーはスパークリングもあり、昨年末から飲みたかったのですが、近所では手に入らず。探したら微発泡を見つけました。ナイヤガラの微発泡は知ってましたが、ミュラーもあったんですね。しかも2006の初しぼりじゃないですか!聞いてませんよ、北海道ワインさん。
06_5










産地:北海道 浦臼町 鶴沼

ブドウ:ミュラー・トゥルガウ

色:極薄い黄緑色

香り:弱い柑橘系

味:やはり甘味が前面に出ますが、若干苦味があるため、ナイヤガラよりスパークリングには向いているのではないでしょうか。酸味もいい具合です。初しぼりよりは酸味が弱い気もしますが、これは炭酸ガスのせいでしょうか。微発泡ですが、泡がもう少し立つといいです。味はモスカート・ダスティに劣りませんが、その発泡具合はやはりイタリアの勝ちです。食中にもデザートにもいいワインです。

値段:985円(近所の量販店価格)

私としてはナイヤガラのスパークリングより好きです。若干の苦味に心地よい酸味がやはりミュラー!値段もいいです。北海道のミュラーは最高ですね。こういう泡物も気軽に飲めちゃうんですから。北海道はすごい!
「歴史が浅い」と北海道ワインは言われますが、1978年に鶴沼産のミュラーで造ったワインが北海道ワインの始まりです。このミュラーは約30年の歴史があるんですよ。ここまで来るのには大変な苦労があったと思います。
そう思いながら飲むと、また違った美味しさを感じます。

|

« おたる セイベル13053 2004 | トップページ | 十勝ワインで新年会 in 帯広 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

初しぼり微発泡シリーズ、そういえば北海道の店頭で見かけたような気がします。
でもHPにはありませんよね。
作っているワインはすべて網羅して欲しいですが、北海道または小樽限定商品なのかしら?

昨年末「大地に描くワインの夢 」というタイトルで、北海道ワイン社長の連載が北海道新聞にありました。
今、北海道ワインのHPから読むことが出来ますので、興味のある方はぜひ!

投稿: 副部長 | 2007年1月14日 (日) 22時53分

副部長様
そうなんです、HPにもないんです。なので情報もありません。スクリューキャップなんですが、今はこの方が安心して飲めます。

嶌村社長の連載は結構反響があったようです。私の身内もえらく感動したようで「北海道ワイン社の株を買う!」と言ってます。もちろん強力にpushします。

投稿: アマ | 2007年1月15日 (月) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/4927712

この記事へのトラックバック一覧です: おたる初しぼり 微発泡ワイン ミュラー・トゥルガウ 2006:

« おたる セイベル13053 2004 | トップページ | 十勝ワインで新年会 in 帯広 »