« 十勝ワイン シェーヌ 赤 | トップページ | 清見 1999 »

2007年1月23日 (火)

山幸 1999

続いては十勝ワインの長男、山幸(やまさち)です。このブドウは父系が山ブドウで母系が清見の交配品種です。同じ交配品種に清舞(きよまい)があり、こちらは母系の特徴が強く、逆に山幸は父系の特徴が強く出ています。今年8月に農水省品種登録され、国にも池田の独自品種として認められました。
この1999は山幸のファースト・ヴィンテージで、これも一昨年の忘年会で飲んでます。1年後の成長を確かめてみました。
99_2










産地:北海道 池田町

ブドウ:山幸

色:中心部が黒く、エッヂがオレンジのルビー色

香り:ベリー系、やや樽

味:口に含むと、意外に酸味よりかすかな甘味から入ってきます。酸味は徐々に増しますが、増しながらも上手く果実味に溶け込んでいきます。後半から苦味と樽臭を感じ、全体のバランスがグッと良くなります。余韻でも果実味と酸味が仲良く寄り添いながら続きます。タンニンの強い品種ではないため、やはりボディの弱さは否めませんが、清見よりはしっかりしてます。うまいっ!

値段:2422円(ただし現行の2002)

10年目になる2年後にもう一度飲んでみたいです。十勝牛には絶対これ!一同絶賛でした。さすが長男、しっかり者でした。これから十勝ワインをしょって立つ存在になることは間違いないでしょう。2002の味も気になりますが、多分まだ酸味がトゲトゲしてるんだろうなぁ。
最低でも飲む1時間前に抜栓しましょう。

|

« 十勝ワイン シェーヌ 赤 | トップページ | 清見 1999 »

北海道(十勝ワイン)」カテゴリの記事

コメント

山幸は耐寒性に優れるなどの点から、今後収穫量の伸びが期待されていますよね。

池田町でワインを生産しているのは知られていますが、独自の品種だということはあまり知られていないように思います。

この寒い北海道で、10年近くの熟成にも耐えられるブドウがあることを誇りに思うと共に、これからたくさんの方に愛されるワインになることを願っています。

投稿: 副部長 | 2007年1月23日 (火) 22時49分

副部長様

帯広から池田に行く途中にもブドウ畑がありました。十勝ワインの看板が立っていたのでおそらく清舞、山幸だと思います。清見は土の中ですからね。清見の丘だけでなく、池田町周囲でも造られ、それがまた畑の違いとなって味に現われ、楽しめたらいいですよね。

投稿: アマ | 2007年1月23日 (火) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/5046324

この記事へのトラックバック一覧です: 山幸 1999:

« 十勝ワイン シェーヌ 赤 | トップページ | 清見 1999 »