« 清見 1999 | トップページ | Toffali Rubi 2005 »

2007年1月23日 (火)

アムレンシス 1999

新年会最後のトリ、アムレンシス1999です。
これは現行ビンテージです。私は97、98を飲んでます。初めて飲んだのは一昨年の9月。この時は北海道ワイン社のアムレンシスと対決させてます(こちら)。

これは正真正銘の山ブドウ。ワインは「アムレンシス」という名前ですが、このブドウの正式名称は「アムレンシス亜型」、和名を「チョウセンヤマブドウ」と言います。
昭和30年代、財政再建団体に指定された池田町は新しい産業を探していました。そこで当時の丸谷町長が池田の山になっている山ブドウに注目し、「これでワインが造れないか」と考えました。そこでまずこの山ブドウの種類が何であるかロシアへ行き鑑定してもらったところ、結果は「アムレンシス亜型」。ロシアではアムレンシスからワインを造っていたため、さっそく丸谷氏はこの山ぶどうからワインを造り始めたのです。それが幻の「十勝アイヌ山葡萄酒」。今から約40年前の出来事です。
このアムレンシスは池田の土着品種ですので、もちろん池田の寒さにも耐えられます。ただし野生がゆえ、安定したブドウの量・質を確保することが難しく、ワイン造りも必然的に困難となります。そこでそれに代わるワイン醸造用品種として清見が誕生したというわけです。
山幸、清舞はこの寒さに強いアムレンシスを父親としているため、母親の清見のように培土しなくても寒さをしのげます。ですので農家も清見より栽培しやすいため、今後生産量増加が期待できます。

さて、父親の威厳を見せつけることができたでしょうか。
99_3









産地:北海道 池田町

ブドウ:アムレンシス

色:やや黒みがかった濃いめのルビー色

香り:ややジャミーなベリー系、かすかに樽

味:先に果実味を感じ、その後ぐんぐんと酸味が増してきます。ですが、山幸同様、その酸味は上手く果実味と後半で苦味、軽いタンニンの渋味と解け合っていきます。余韻でも酸味と果実味が続き、さらにスパイシーさも加わります。山幸より荒々しく、酸味も強いかもしれません。ですが、十勝牛とのマリアージュは山幸を超えました。肉の脂の甘味を引き出しながら、綺麗に流れて行きます。父よ、あなたは強かった!

値段:3076円

「所詮山ブドウのワインなんて…」私も最初はそう思いました。しかも高い。ですが、初めて飲んだ時の衝撃は忘れられません。ワイン専門家の人たちもきっとそう思うでしょう。批判記事も読んだことがあります。でも本当に飲んでみて下さい。ブラインドでこれが「山ブドウ」だとわかるんでしょうか?私は素人だからかもしれませんが、全くわかりません。「北イタリアのワイン」と言われれば、納得してしまうかもしれません。是非プロの方にブラインドで飲んで、点数を付けてもらいたいです。

元祖十勝ワイン、元祖北海道のワイン。大切にしたいです。

飲む3時間以上前に抜栓して下さい。
99は今売ってます。買ってあと5年くらいはねかせてみたいですね。
和田ワイン店で試飲させてもらった91もまろやかでしたが、限界かもしれません。
清見と同じ、やっぱり飲み頃は10年後くらいかなぁ。

|

« 清見 1999 | トップページ | Toffali Rubi 2005 »

北海道(十勝ワイン)」カテゴリの記事

コメント

思い起こせば、私が酸っぱいワイン好きになったのは、アムレンシスとの出会いがあったからかも知れません。
刺々しい酸味でなく、果実味とまろやかさを兼ね備えたバックビンテージは、ぜひとも皆様に味わっていただきたいですね。

母「清見」と父「アムレンシス」の偉大さを感じます。子どもたち「山幸」「清舞」の活躍に期待しています。

投稿: 副部長 | 2007年1月23日 (火) 23時16分

副部長様
今回は清舞は外しましたが、これもいいワインですよね。現行の2002なら清見より香りも良かったと思います。アムレンシスさんには憎きワインかもしれませんが(笑)。
このアムレンシス99もだいぶ売っている量が減ってきましたから、早めに買っておかないといけませんね。98より間違いなく美味しいです。

投稿: アマ | 2007年1月23日 (火) 23時27分

アムレンシス02見つけたので、購入しました。もうデッドストックになってしまったのですよね?

もう数年寝かせてあげようかと思います。

投稿: 呂比須 | 2009年4月 6日 (月) 16時52分

呂比須様

アムレンシスはアムレンシス亜型という山ブドウ100%で造られるワインなんですが、栽培が難しく自生しているブドウを摘んできて使用しています。その山ブドウを保護するために、また、極めてアムレンシス亜型に近い交配品種が誕生したため、十勝ワインは02をもって「純正アムレンシス」の生産を終了することにしました。
最後の山ブドウ100%のワイン、どうか大切にしてやって下さい。

投稿: アマ | 2009年4月 6日 (月) 21時28分

Don't you acknowledge that it's the best time to receive the mortgage loans, which will make your dreams come true.

投稿: NadiaMathews34 | 2012年7月 7日 (土) 11時58分

投稿: | 2012年7月 7日 (土) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/5048068

この記事へのトラックバック一覧です: アムレンシス 1999:

« 清見 1999 | トップページ | Toffali Rubi 2005 »