« 道産ミュラー・トゥルガウ No.1決定戦! | トップページ | Anselme Muller Thurgau 2005 »

2006年12月29日 (金)

倶知安 2005

冬はオーストラリア人で賑わうニセコ。そこでは主に生食ブドウを使ったワインが造られ、ニセコワインとして地元の人に愛されています。
ニセコエリアにある倶知安町では最近生食ブドウのみならず、白ワイン醸造用ブドウとしてミュラー・トゥルガウの栽培に力を入れています。
このワインはその倶知安産ブドウを使用し、北海道ワインで醸造し、よしのみ商店で販売しているものです。
カテゴリーは北海道ワインにしてますが、他の北海道ワインと同じようにスーパー等では購入できません。ご注意を。

05_4










 

産地:北海道 倶知安町

ブドウ:ミュラー・トゥルガウ

色:やや強めの黄緑色

香り:コルク臭

味:とにかくコルク臭が邪魔をします。苦味・酸味が強く、荒々しい感じです。余韻も短くワインの出来としては…、残念です。

値段:1155円

あの北海度ワインのコルクです。とにかくなんとかしてほしい、の一言です。本来の味を知ることは出来ませんでしたが、これからの可能性は充分秘めていると思います。頑張って欲しいです。倶知安の名前がワイン好きに広まるといいですね。

|

« 道産ミュラー・トゥルガウ No.1決定戦! | トップページ | Anselme Muller Thurgau 2005 »

北海道(ニセコ高原ワイン)」カテゴリの記事

コメント

他のワインのバランスのよさを知ったあとに口にしたため、余計にただ酸っぱく感じてしまったかな・・・。
土地の名前がつくワイン、これからの成長を見届けなければ。

投稿: 副部長 | 2006年12月30日 (土) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/4720144

この記事へのトラックバック一覧です: 倶知安 2005:

« 道産ミュラー・トゥルガウ No.1決定戦! | トップページ | Anselme Muller Thurgau 2005 »