« Anselme Muller Thurgau 2005 | トップページ | 月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2005 »

2006年12月29日 (金)

ふらのワイン ミュラー・トゥルガウ 2005

北海道でも屈指の観光地、富良野。ここでもワイン造りが行われています。その歴史は古く、1972年に富良野市果樹研究所が設立されてから始まりました。研究所から始まったという点や、赤ワインの主力品種がセイベルやツヴァイゲルトレーベ、また近年山ぶどうとセイベルの交配に成功している点など、十勝ワインと似た道を歩んでいます。
このふらのワインが白ワインの主力品種として力を入れているのがミュラー・トゥルガウです。
このワインはふらのワインの中でも唯一単一ブドウの白ワインです。それだけ自信があるのでしょう。また国産ワインコンクールで奨励賞を3度受賞していることからも、その実力は証明済みです。
さらに昨年、このミュラー・トゥルガウで北海道初となるアイスワインが造られ話題となりました。欲しかったのですが、工場限定で即完売!
でも…、
今年は副部長が頑張りましたよ!入手しました。楽しみです。
05_6










産地:北海道 富良野市

ブドウ:ミュラー・トゥルガウ

色:うすい黄緑色

香り:まさにリンゴ!

味:先にかすかな苦味を感じ、その後弱めな甘味がやってきます。余韻でやや尖った酸味がきますが、さほど長くは続きません。全体的にこぢんまりと小さく上手くまとまっています。まだ樹齢が若いのかな?フルーティーでまさに「北海道の白ワイン!」って感じです。コストパフォーマンスの高さは1番かも。

値段:1550円

道内でも歴史のあるワイナリーですが、セイベルの赤やバレルふらの等、どうも私にはピンと来る物がなく、正直ちょっと敬遠してました。でもこれはいいです。試飲の時ビックリしました。ゴメンナサイ。私は値段も知っていたので、そのコスパも含めて9点を付けました。
1人満点を付けた方もいます。
多くの人が「フルーティー」とコメントしていました。
「リンゴの香りに、フルーティーな味わい」
そんな特徴が女性陣にうけたようです。

|

« Anselme Muller Thurgau 2005 | トップページ | 月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2005 »

北海道(ふらのワイン)」カテゴリの記事

コメント

どうしてブドウを搾ってリンゴの香りがするんだろう?不思議だけど、心地よい香りと口当たりでした。
値段を知って、なお私の評は上がりました。

ふらのワインの皆様も、真剣にワイン作りに取り組んでいます。
ふらのワインのブログはユーモアもあって面白いですよ。ぜひご一読くださいませ。

投稿: 副部長 | 2006年12月30日 (土) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/4721803

この記事へのトラックバック一覧です: ふらのワイン ミュラー・トゥルガウ 2005:

« Anselme Muller Thurgau 2005 | トップページ | 月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2005 »