« おたる初しぼり セイベル 2006 | トップページ | Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2005 »

2006年11月18日 (土)

Gianni Brunelli Rosso di Montalcino 2002

北海道のワインが続いたので、久しぶりのイタリアワインです。
ジャンニ・ブルネッリのロッソ・ディ・モンタルチーノです。
副部長が購入したもので、仕事終了後に開けてくれました。
2002年は難しい年ですが、本来ブルネッロ・ディ・モンタルチーノに使われるブドウがそのセカンドであるロッソ・ディ・モンタルチーノに使われるため、ブルネッロにとってはバッドヴィンテージですが、ロッソにとっては良い年かもしれません。
初めて聞くワイナリーですが、さてそのお味は?
02gianni_burunelli_rosso









産地:イタリア トスカーナ州

ブドウ:サンジョベーゼ・グロッソ

色:若干エッヂがオレンジがっかった濃いガーネット

香り:アルコール臭の中にベリーの甘い香り。インクのニュアンスもあり

味:抜栓直後は酸っぱくて苦くタンニンもどっしりしてますが、30分くらいでこなれてきます。酸味が落ち着き、果実味もふくらんできますが、苦味が強いです。タンニンも柔らかくなりますが、まだまだ主張しすぎ。前半では酸味がしっかりしてましたが、余韻では甘味が続きます。個人的には酸味が先ではなく、後半から余韻で「キュ」っとしめてくれるのが好きですので物足りなさを感じました。価格とのバランスを考えると、う~ん…。副部長、ゴメンナサイ。

値段:3200円

ここのワイナリーのブルネッロを飲んだことがありませんので、比較はできませんが、やっぱり難しい年だったんだろうな~って思います。でも久しぶりのイタリアワイン、やっぱり良かったです。

|

« おたる初しぼり セイベル 2006 | トップページ | Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2005 »

イタリア(トスカーナ)」カテゴリの記事

コメント

結構前に某ワイン専門店で購入しました。
お好みは?と聞かれ、「渋みより酸味のきいたもの」と答えたような記憶が薄っすらあります。
そのリクエストに応えて勧めてくださったのがこのロッソ。
酸味ありましたね。
その後刻々と変化する様子は面白かったです。
ブルネッロは売っていたかな…?
もっとバランスよく、もっとお肉が食べたくなるようなワインかな。

考えていたら、体がワインを欲してきました(笑)

投稿: 副部長 | 2006年11月18日 (土) 21時43分

副部長様

サンジョベーゼ・グロッソ自体久しぶりでしたね。「渋味より酸味」というリクエストでロッソが出てくるのがちょっと不思議です。単純に考えればバルベーラあたりを勧められそうな気がしますが…。「トスカーナで」となれば納得できなくもないですけどね。
まだ飲んでないですが、Lisiniのサン・ビアジョなんかよさそうですよ。

投稿: アマ | 2006年11月19日 (日) 09時54分

サン・ビアジョ、ブルネッロと同じ区画から作られるワインなんですね。
生産本数が少ないようですが、お手ごろ価格でもあり惹かれます。

投稿: 副部長 | 2006年11月19日 (日) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/4232654

この記事へのトラックバック一覧です: Gianni Brunelli Rosso di Montalcino 2002:

« おたる初しぼり セイベル 2006 | トップページ | Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2005 »