« 第3回十勝ワインバイザー認定試験 | トップページ | Gianni Brunelli Rosso di Montalcino 2002 »

2006年11月15日 (水)

おたる初しぼり セイベル 2006

ボジョレー・ヌーボ解禁まであともう少しです。
ですが、私には全く関係ありません。
普段イタリアびいきな私はノベッロすら口にしません。
やっぱり道産子は初しぼり!
ということで、今年5本目の初しぼりです(やりすぎ?)。
06_3





産地:北海道

ブドウ:セイベル13053

色:クリアで中心がやや濃いめのルビーレッド

香り:チェリーのような甘い香り。でも弱い。

味:甘い!こんな甘い赤ワインは久しぶり。甘さのあとにかすかな苦味。酸味は若干で余韻も短いです。「うすあま」です。まるでポートワインのようです。いくらセイベルでも、もう少しタンニンと酸味があってもいいんじゃないかなぁ。酸が弱いのは酷暑のせい??オレンジジュースを少し入れたら美味しいサングリアができそうです。赤ワインが苦手な女性にはお勧めです。

値段:1050円

う~ん、今年のセイベルはどうなんでしょう。十勝ワインの清見はこのセイベル13053のクローンなんです。あの酸っぱさは何処へ…。やっぱり暑さのせいかもしれません。
今年はもうじき最後の初しぼり、ナイアガラが登場します!
これで今年の初しぼり全制覇!
そのあと日本最後のヌーボ(12月1日発売)、十勝ワインヌーボを飲んだら今年も終わりです。
北海道ワインも認定呼称制度を作ってくれないかなぁ。
これだけ北海道ワインを飲んでる人っているんでしょうか?
「道産ワインバイザー」っていうのもできたらいいですよね。
誰か作って下さい!

|

« 第3回十勝ワインバイザー認定試験 | トップページ | Gianni Brunelli Rosso di Montalcino 2002 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

あまりセイベル13053を飲む機会がなかったのですが、以前口にしたときは甘さより酸味を感じたように思います。
暑さの影響がここに出ているのでしょうか?
オレンジジュースを少し入れてサングリア、美味しそう!
スイスイ飲めそうです。

道産ワインの認定呼称制度、あったら大変魅力的ですね。
その時は頑張って受験しますよ。
道産ワインを愛する人がもっともっと増えることを願っています。
地産地消で生まれ育った土地の恵みを感じたいと思います。

投稿: 副部長 | 2006年11月15日 (水) 23時34分

 北海道産ワイン、本当にたくさん飲んでいらっしゃいますね。最近でこそ私も興味を持ってきましたが、このセイベルのように「甘い」のが私は苦手で正直、敬遠してきました。でも一般多数の方は、甘い方が美味しいと感じるんでしょうね~。
 北海道ワインバイザー、あったら面白いと思います。でもその前に、北海道のワイン自体に明確で厳正な「格付け制度」や「呼称制度」のようなモノが必要かと思います。今般の認証制度はやはり、ワインを一般農畜産物と同列で扱っているフシがあって、多くの道内のワイナリーが躊躇するのがよくわかります。長野にどんどん遅れをとるばかりですよね、このままでは。

投稿: キャンティファーム | 2006年11月16日 (木) 13時37分

キャンティファーム様

私も同感です。
今どんどんブドウ畑が道内で広がってますよね。テロワールなど関係なしに、とにかく好まれる(よく売れる)ブドウ品種を植えて、それを大手ワイナリーに売る。このままだと質の低下を招くのではないかと心配してます。道産ワイン造りの土壌は出来上がってきましたから、あとは質の保証が必要ですよね。
例えば「”清見”という名前のワインは池田町清見地区で栽培された清見種100%をアリエールのフレンチオークで1年熟成させ、色はクリアなルビーレッドで…」というような規程があって、それをクリアすれば別に十勝ワインだけではなく、他の十勝のワイナリーも造れる、そうすることでお互いに切磋琢磨して、より高品質の清見ができる、そんな時代になってほしいです。

投稿: アマ | 2006年11月17日 (金) 00時40分

アマさま
 まさに北海道のAOC統制のようなものですね。でも、それくらいは必要だと思います。質が低下して評判を落としてからでは手遅れですからね。
おっしゃる通り、明確な規定の上で、どのワイナリーにでもチャンスがある、という環境になれば、お互いが切磋琢磨して、いいモノが生まれていくでしょう。そんな日が北海道に来て欲しいです。

投稿: キャンティファーム | 2006年11月17日 (金) 14時38分

キャンティファーム様

ありがとうございます。
今後が楽しみになります!その日が来るまで、我々消費者も厳しく暖かい目と舌(?)で見守っていきたいですね。

投稿: アマ | 2006年11月17日 (金) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/4200301

この記事へのトラックバック一覧です: おたる初しぼり セイベル 2006:

« 第3回十勝ワインバイザー認定試験 | トップページ | Gianni Brunelli Rosso di Montalcino 2002 »