« Podere La Cappella Poggio Camporonne 2003 | トップページ | 第3回十勝ワインバイザー認定試験 »

2006年11月12日 (日)

北海道ケルナー 2005

残業を終え、どうしても酸っぱい北海道のワインが飲みたくなり、車で家まで副部長に送ってもらう途中に西友へ。そこで手にした1本です。
最近では5月に2004年を飲んでます(過去ログ)。北海道シリーズの白では一番辛口(それでも中口)に仕立てられます。
帰ってから冷凍庫ですぐに冷やし、独り晩酌しました。

05_2










産地:北海道 余市?鶴沼?

ブドウ:ケルナー

色:薄い麦わら色

香り:リンゴだが弱め

味:まずはしっかりした甘味がきて、その後茎っぽい苦味を感じます。飲み込むと花の香りがかすかに鼻を通り抜け、その後は酸っぱーい!舌がピリピリして痛くなるくらい酸味が強いです。そう、これこそ北海道のワイン!でもちょっと尖りすぎ。
余韻でも酸味が続きますが、終わる間際に茎というか根というか、そう、芋焼酎の余韻のような味わいを本当に若干ですが感じました。面白かったです。コクは2004より上かもしれません。酸も強いしあと1、2年は寝かせるといいかも。もちろん立てて。

値段:1050円

ミュラーといい、バッカスといい、北海道シリーズ、やはりコストパフォーマンス抜群です!

|

« Podere La Cappella Poggio Camporonne 2003 | トップページ | 第3回十勝ワインバイザー認定試験 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

先日は残業お疲れ様でした。
ケルナー、酸味の強さが伝わってきます。
この後数年経ったら落ち着いてくるか、楽しみですね。
2005年はブドウにとって良年だっだんですっけ?
去年の天候をもう思い出せない私です。

投稿: 副部長 | 2006年11月12日 (日) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/4157220

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ケルナー 2005:

« Podere La Cappella Poggio Camporonne 2003 | トップページ | 第3回十勝ワインバイザー認定試験 »