« Fattoria Le Corti Chianti Classico 2003 | トップページ | San Giusto a Rentennano Chianti Classico 2003 »

2006年10月28日 (土)

Mazzei Fonterutoli Chianti Classico 2003

マッツェイ社が所有するワイナリー、カステッロ・ディ・フォンテルートリのセカンドワイン、フォンテルートリ・キャンティ・クラシコです。セカンドではないフラッグシップワインはカステッロ・ディ・フォンテルートリというワイナリーの名前がそのままつきます。ここも評価の高いキャンティ・クラシコを生産しています。

03fonterutoli_cc










産地:イタリア トスカーナ州 カステリーナ・イン・キャンティ地区

ブドウ:サンジョベーゼ 100%

色:やや紫がかった濃いガーネット

香り:カカオのようなビターな香りだが、弱め

味:強めの甘味で苦味は感じません。後半で柔らかいタンニンが現われ、酸味でしめようとするのですが、しめ切れず。余韻での果実味は長いです。凝縮感、果実味は強いです。酸が物足りないのはやはりビンテージのせいか。濃厚です。脂身の少ない肉には相性がいいと思います。

値段:2822円(はやしや商店価格

サンジョベーゼだけでここまでできるんですね。そう考えると本当にすごいいワインです。違うビンテージを飲んでみたくなりました。キャンティ・クラシコの力をまざまざと見せつけられた感じです。

|

« Fattoria Le Corti Chianti Classico 2003 | トップページ | San Giusto a Rentennano Chianti Classico 2003 »

イタリア(トスカーナ)」カテゴリの記事

コメント

私の中ではレ・コルティと1位2位を争ったワインです。まだサンジョベーゼ100%と他のブドウを使ったワインの違いを表現するには至りません…。舌の教育が必要です。

投稿: 副部長 | 2006年10月29日 (日) 21時22分

副部長様
その昔、キャンティの製法がリカーゾリ男爵によって考案されたとき、実は彼は白ワインを必ずブレンドしていた訳ではないようです。DOCが勝手に「必ず」と決めてしまったようです。リカーゾリ男爵曰く「カナイオーロはサンジョベーゼの香りを薄めずに厳しさを和らげる」のだそうです。厳しさの意味が私にはよくわかりませんが、当時のサンジョベーゼだけでは「薄くて酸っぱい」ワインしかできなかったのでしょう。
なんとなくですが、カナイオーロがブレンドされていると若干苦味を感じるような気がします。メルローは果実味と凝縮感を補うためでしょうか。ブレンドされているとあの「まったり感」があります。
素人印象ですが。

投稿: アマ | 2006年10月31日 (火) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/3985079

この記事へのトラックバック一覧です: Mazzei Fonterutoli Chianti Classico 2003:

« Fattoria Le Corti Chianti Classico 2003 | トップページ | San Giusto a Rentennano Chianti Classico 2003 »