« Feudi di San Gregorio Triaio 2005 | トップページ | Fattoria Le Corti Chianti Classico 2004 »

2006年10月22日 (日)

北海道酒蔵まつり2006

10月20,21,22日に開催された北海道酒蔵まつりに参加してきました。
昨年はアクセスサッポロで土日開催でしたが(副部長が参加しました)、今年は金曜日もあり場所はファクトリーホールで開催され、アクセスも良くなったので参加することが出来ました。
出展ワイナリーは

はこだてわいん
池田町ブドウ・ブドウ酒研究所
富良野市ぶどう果樹研究所
中央葡萄酒(グレイスワイン千歳ワイナリー)
北海道ワイン
日本清酒(余市ワイン)

の計6社です。

まずは受付で500円を支払い、ぐい飲みを購入します。これを持って試飲しまくるシステムです。私はもちろん6社全て試飲しました!

06_2

06_2_1

 


 

 

北海道ワインは鶴沼のミュラー、ツヴァイゲルトレーベがありました。さすがです。
今回6社の中で一番驚いたのがふらのワインでした。
以前から気になっていたミュラーがあり、早速試飲。香りがとても良かったです。北海道ワインとはまた違った香りです。1本お買いあげ!
一方、がっかりだったのが、十勝ワインです。
清見と清舞がテーブルにあるにも関わらず「出てる分しかありませんので…」と言って開けてくれませんでした。試飲させずに、何しに来たの?って感じです。
千歳ワイナリーではケルナーの垂直試飲をさせてもらいました。03,04,05でしたが、04が一番バランスが良かったです。
他のワイナリーでは感動するものに出会うことができませんでした。残念。

実は今回の祭りで一番の驚きは「ひだかタイムトンネルプロジェクト 日高山脈長期熟成酒」
です。
以下資料から抜粋です。

日高山脈の麓、北海道電力の水力発電所地下トンネルが年間を通して気温・湿度ともに最適であることから、道内産の日本酒やワインの熟成に活用する構想が浮上。北電の協力の下、2005年5月に両町の経済関係者や道内酒造・醸造メーカー11社が参加して、熱意ある活動が始められました。

つまりワインを日高のトンネルで寝かせよう!というプロジェクトです。
ワイナリーで参加しているのははこだてわいんと北海道ワインです。
今回会場ではそこで昨年から寝かせてある、はこだてわいんの「えぞ山ぶどう」と北海道ワインの「貴腐ケルナー2005」を飲ませてもらいました。
えぞ山ぶどうの変化は驚きました。以前飲んでますので(過去ログ)その差ははっきりわかりました。山ぶどう由来の尖った酸味が丸くなってました。美味しかったです。
貴腐ケルナーは変化はわかりませんでした。これはこれで充分美味しいワインですし。あと5年くらい寝かせたらオイリーな感じになるのでしょうか。
楽しみです。

今はまだ研究中だそうですが、来年から一般利用者を募るらしいです。
すぐ飲んでしまい、セラーで熟成ができそうにない私にはとても興味深いプロジェクトです。
ここに入れてしまったら、そう簡単には飲めないでしょうから。
楽しみです。

|

« Feudi di San Gregorio Triaio 2005 | トップページ | Fattoria Le Corti Chianti Classico 2004 »

ワイン関係イベント」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。
十勝ワイン、ダメですね~。商売のなんたるかを判ってない・・・こういうことをしてると「所詮、3セクは」とか言われるんですよね。
 それにしても、こんなイベントがあったとは知りませんでした。知ってたら間違いなく行ってたのに・・・。
 富良野ワインのミュラー、気になりますね。探して見ます。 最近はワイナリーに足を運んだこともあり、地元のワインもとても気になります。イタリアとともに、どんどん飲まなくては(^^);

投稿: キャンティファーム | 2006年10月23日 (月) 10時01分

キャンティファーム様
コメントありがとうございました。
きちんと情報をお伝えすればよかったですね。申し訳ございません。
十勝ワインは、実は3セクじゃないんですよ。完全に町運営なんです。
「所詮、お役所だから…」と言いたくなります。出荷本数も年々右肩下がりですし。
そろそろしっかり経営戦略を見なす時期だと思います。夕張みたいなことにならないうちに…。

いずれ当方の部会で道内ミュラー対決を企画します。今あるのは鶴沼、倶知安、富良野です。これに月浦を加えて、さらにイタリアも参加させて国際Aマッチにもする予定です。結果はまたここでご報告いたします。楽しみは尽きません!

投稿: アマ | 2006年10月23日 (月) 18時05分

今年も開催されましたね、酒蔵まつり!!
去年は会場周辺に撃沈した人をかなり目撃しました。今年は場所柄、背広のおじ様方が多かったように思います。

私はふらのワインの「羆の晩酌」が一押しです。十勝ワインのアムレンシスを思い起こさせる、父親が山ブドウのワイン。
1本購入しましたので、機会があればクラブで開けましょう!

投稿: 副部長 | 2006年10月23日 (月) 20時43分

そのブドウは富良野2号ですね。いかにも果樹研究所って感じのネーミングです。ここでも池田をかなり意識してますねぇ。
でも、ホント、意外に美味しくて熊もビックリ!熊好きな妖怪ポロトさんにはたまりませんよ。

投稿: アマ | 2006年10月23日 (月) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/3922698

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道酒蔵まつり2006:

« Feudi di San Gregorio Triaio 2005 | トップページ | Fattoria Le Corti Chianti Classico 2004 »