« 鶴沼ヴァイスブルグンダー2002 | トップページ | Jermann pinot bianco 2004 »

2006年8月13日 (日)

Colterenzio pinot bianco 2004

やはり鶴沼の相手はアルトアディジェの優秀なワイナリーから選びました。
コルテレンツォです。
ここはカベルネ・ソーヴィニヨンやラグラインの赤ワインも有名ですが、このピノ・ビアンコとシャルドネもコストパフォーマンスが高く、期待を裏切りません。
アルトアディジェの2004は最良ビンテージですので、鶴沼ゴールドラベルには願ってもない相手だと思います。
しかも両者ステンレスタンクのみです。

04colterenzio_pino

産地:イタリア アルトアディジェ州

ブドウ:ピノ・ビアンコ 100%

色:薄い黄緑色

香り:花の香り(花の種類まではちょっと…)、やや枯れ草

味:丸い酸味にかすかな甘味。後半で苦味と酸味が交差し、余韻でもそれぞれが長く行ったり来たりします。バランスは良くスッキリ系の飲み口です。かすかな炭酸のピリッと感もあり爽快感もあります。
美味しいですね~。魚介には最高でしょう。

値段:1764円

アルトアディジェの白は全般に北海道と比べて、香りが違いますね。
素晴らしいです。
面白いことに今回参加したメンバー数名が「樽の香り」を感じています。
私は枯れ草と表現したのですが、いずれにしても樽熟はさせていないため、これが土地の香り、なんでしょうね。コルクも確認しましたが、違います。
これで1000円台なんですよ。恐るべしイタリア!

|

« 鶴沼ヴァイスブルグンダー2002 | トップページ | Jermann pinot bianco 2004 »

イタリア(アルトアディジェ)」カテゴリの記事

コメント

私も木の香りを強く感じました。樽を使っていないのに不思議ですね。どこからこの香りはやってくるのでしょう?だんだんワインを口に含んで土地が見えてくるようになってきた、かも!?
バランスの良さ、今回のワインの中で抜群だったように思います。料理にも合わせやすそうで、価格も高すぎることなく、お家でも飲みたくなりそうです。

投稿: 副部長 | 2006年8月18日 (金) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/3044418

この記事へのトラックバック一覧です: Colterenzio pinot bianco 2004:

« 鶴沼ヴァイスブルグンダー2002 | トップページ | Jermann pinot bianco 2004 »