« Pieropan soave classico 2004 | トップページ | Fattoria poggiopiano chianti classico 2002 »

2006年8月14日 (月)

イタリア vs 日本 白ワインガチンコ勝負 結果発表

今回のクラブは私を含め合計9名(女性6、男性3名)参加しました。
全員が本当にワイン素人で、過去に飲んだことないものばかりです。
完全ブラインドではなく、ワインの産地、ブドウ名はお知らせしてあります。
ちょっとホームアドヴァンテージがあるかもしれませんが。
採点は10点満点で、感じたままで採点してもらいました。
さて、結果発表です。

トラミナー対決

鶴沼トラミーナ2003  7.8点
サンタマッダレーナ ゲヴゥルツ・トラミネール2005  5.7点

鶴沼トラミネールの圧勝です。
サンタマッダレーナは「苦味と刺激が強すぎる」というコメント多かったです。
一方の鶴沼はほとんどの人が「飲みやすい、香りがよい」とコメントされていました。

ピノ・ビアンコ対決

鶴沼ヴァイスブルグンダー2002  6.6点
コルテレンツォ ピノ・ビアンコ2004  7.7点
イエルマン ピノ・ビアンコ2004  6.8点

こちらはイタリアの勝ちです。
鶴沼はやはりコルク臭が響きました。残念です。
コルテレンツォはバランスの良さをあげてる方が多かったです。
イエルマンも飲みやすいという意見が多かったです。

結局両者1勝1敗です。
今後もこの勝負はきっと続くことでしょう。

さて他のワインです。

おたるミュラー・トゥルガウ完熟フリーラン1999  7.9点
おたるミュラー・トゥルガウ完熟フリーラン2004  8.1点
ピエロパン ソアヴェ・クラシコ2004  7.3点

ランキング

1位:おたるミュラー・トゥルガウ完熟フリーラン2004(8.1点)
2位:おたるミュラー・トゥルガウ完熟フリーラン1999(7.9点)
3位:鶴沼トラミーナ2003(7.8点)
4位:コルテレンツォ ピノ・ビアンコ2004(7.7点)
5位:ピエロパン ソアヴェ・クラシコ2004(7.3点)
6位:鶴沼ヴァイスブルグンダー2002(6.6点)
7位:イエルマン ピノ・ビアンコ2004(6.8点)
8位:サンタマッダレーナ ゲヴゥルツ・トラミネール2005(5.7点)

上位5つは僅差でしたね。
上位3つは北海道で独占です。
闘うワイン商様にお叱りを受けそうな結果です。
ただし、ミュラーは甘口で、今回のメンバーは女性が多いため、一概には比較できません。
そこで、性別ランキングを出してみました。

男性陣ランキング

1位:コルテレンツォ ピノ・ビアンコ2004(8.0点)
2位:ピエロパン ソアヴェ・クラシコ2004(7.9点)
3位:おたるミュラー・トゥルガウ完熟フリーラン2004(7.7点)
4位:おたるミュラー・トゥルガウ完熟フリーラン1999(7.6点)
5位:鶴沼トラミーナ2003(7.1点)
6位:イエルマン ピノ・ビアンコ2004(7.0点)
7位:鶴沼ヴァイスブルグンダー2002(6.0点)
8位:サンタマッダレーナ ゲヴゥルツ・トラミネール2005(5.3点)

女性陣ランキング

1位:おたるミュラー・トゥルガウ完熟フリーラン2004(8.3点)
2位:鶴沼トラミーナ2003(8.2点)
3位:おたるミュラー・トゥルガウ完熟フリーラン1999(8.0点)
4位:コルテレンツォ ピノ・ビアンコ2004(7.5点)
5位:ピエロパン ソアヴェ・クラシコ2004(7.0点)
6位:鶴沼ヴァイスブルグンダー2002(6.8点)
7位:イエルマン ピノ・ビアンコ2004(6.7点)
8位:サンタマッダレーナ ゲヴゥルツ・トラミネール2005(5.8点)

好みの差が明らかですね。
男性陣はスッキリ系の辛口
女性陣は果実味あるふれる甘口
といったところでしょうか。
北海道の白ワインには樽熟ものが少ないため、ボリューム、コクのある白ワインよりスッキリ、キリッとした方が道産子には好まれるのかもしれません。
料理によっては、例えば、クリームソースやチーズの重めに味付けされてる料理にはきっと樽熟の方が合うと思います。
そう考えると、イタリアのワインは料理に合わせるワイン選びの選択肢が多いです。
それもまた、北海道にない素晴らしい点でしょうね。

私の今回の狙いとしては、イタリアの「ハイコストパフォーマンスワインを知って欲しい」というのがありましたので、そう考えるとコルテレンツォやピエロパンといった良いワイナリーのワインたちも高評価を得られましたので、一安心です。
サンタマッダレーナは残念な結果でしたが、最初の記事で紹介した「ソーヴィニヨン・モック」なら、間違いなく今回の上位に入ると思います。

次回のクラブは
「本当に安くて美味いキャンティ・クラシコはどれだ!」
がテーマです。
北海道の赤ではイタリアに勝負を挑めませんので、イタリア内で勝負させたいと思います。
お楽しみに!

|

« Pieropan soave classico 2004 | トップページ | Fattoria poggiopiano chianti classico 2002 »

部会」カテゴリの記事

コメント

やはり北海道ワインは女性ににんきなんですねぇ。
http://blogs.yahoo.co.jp/loveminmin0811/17230027.html

投稿: アマ | 2006年8月15日 (火) 23時40分

今回はみんなで得点をつけたり、コメントを書いたり、新鮮でしたね。
ホーム北海道のワインが上位に並んだのがちょっと意外な結果でした。甘口を好む女性が多かったこともありますが、北海道のワインの良さも知ることができたように思います。
イタリアの白ワインもまだまだたくさんありますね。次はどれからいきましょうか~。

そうそう、生のエビに合うワイン、これはなかなか難題ですね。見つけた方、お知らせくださいね。

投稿: 副部長 | 2006年8月18日 (金) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/3053360

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア vs 日本 白ワインガチンコ勝負 結果発表:

« Pieropan soave classico 2004 | トップページ | Fattoria poggiopiano chianti classico 2002 »