« Tenuta San Guido | トップページ | St.Magdalener gewurztraminer kleinstein 2005 »

2006年8月13日 (日)

鶴沼トラミネール2003

私が主宰のワインクラブが先日行われました。
そこで飲んだワイン達をご紹介いたします。
今回のテーマは
「日本 vs イタリア 白ワインガチンコ勝負!」
です。
勝負の結果は全てのワインをご紹介してから書きます。

まず、トラミナー対決です。

このブドウは北イタリア南チロル地方が原産といわれ、それがフランスに運ばれアルザス地方で栽培されるようになりました。ドイツでも栽培され、クローンの選定でより香りの強いものをゲヴゥルツ・トラミネールと呼んでます。ちなみにこのゲヴゥルツというのはドイツ語で薬草、香草を意味するようです。それだけ香りが強いということなのでしょう。
厳密にはトラミナー(トラミネール)とゲヴゥルツ・トラミネールは異なるブドウですが、今はトラミナーといえばゲヴゥルツ・トラミネールを指しているようです。

北海道ワインのこの鶴沼シリーズは浦臼町鶴沼という広大な畑で収穫された遅摘みブドウから醸造れている高品質なワインです。しかも最良のビンテージではラベルの「鶴沼」という文字が金色となります。
今回はそのゴールドラベルを飲んでみました。
第3回国産ワインコンクール銀賞受賞です。
03

産地:北海道 浦臼町 鶴沼

ブドウ:ゲヴゥルツ・トラミネール 100%

色:薄い麦わら色

香り:熟したメロン、リンゴ

味:ブドウ持つ優しい甘味に苦味が感じられ、後半で酸味が現れる。余韻でもその酸味が続き長い。ミネラルも感じ、フレッシュな白ワイン。若干酸が強い印象だが、魚介にはこれくらいがちょうどいいのかも。
ステンレスタンクのみですので、コクはあまり感じませんが、その分スッキリ感があります。
以前飲んだ2000ビンテージは苦味が強く魚介にも不向きでしたが、これはそこそこいけます。ただし、やっぱり生のエビはダメでした。

値段:3150円

美味しいのですが、値段が…。
1000円安かったらなぁ。

|

« Tenuta San Guido | トップページ | St.Magdalener gewurztraminer kleinstein 2005 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

先日のワインクラブ、お疲れ様でした。楽しい会でしたね。たくさん飲み比べることができ、充実したクラブでした。
さて、鶴沼トラミネール。香り、甘みともに私は好みでした。最初の一本に高得点をつけてしまいましたから(笑)魚介との相性が意外と良かったのも今回の発見でした。

投稿: 副部長 | 2006年8月18日 (金) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/3042733

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴沼トラミネール2003:

« Tenuta San Guido | トップページ | St.Magdalener gewurztraminer kleinstein 2005 »